Written by Yasusu

【経験談】SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫?【結論は問題なし】

SYSTEM ENGINEER

システムエンジニア志望者「SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫なのかな。やっぱり就職できたとしても続けるのは難しいのだろうか。SE経験者の声が聞きたい。」

こんな人向けに書いてみました。

結論から申し上げると、プログラミングが嫌いでもSEになれるし、仕事もできます。また、働き続けることも可能です。実際、自分はプログラミングが好きではない、ほとんどできないのに、SEとして10年働きました。

  • SE → システムを描く人
  • PG → システムを作る人

SEはシステムの設計図をつくる人で、それをプログラミングで実装するのがプログラマーです。ごっちゃになってることもありますが、基本的にこの役割分担になります。それぞれの違いはこちらをご覧ください。

目次

自身の経歴をお伝えすると「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「ニート3年」→「派遣で末端SIer」→「システムオペレーター5ヶ月」→「フリーランス」です。

SEのことならお任せください。(`・ω・´)ゞ

SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫?

SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫。

これはプログラミングが嫌いな自分が10年働けたことからもわかります。システムエンジニアの仕事は、プログラミングではなく、システムを完成させること、顧客のビジネス課題をシステムで解決することです。

自分は大学時代にプログラミングに触れ、もう二度とやるかと誓ったのに、就活で有利なSIerに就職。気づいたらシステムエンジニアになってました。こんな自分でも勤まるので大丈夫です。

プログラミングはプロに任せる

もしSEでプログラミングが嫌いなら、プログラミングはプロに任せればOKです。というより、ほとんどシステム開発において、プログラマーさんにお願いすることになります。実際、自分は10年間で一度もコーディングをしていません。

よっしゃー、SEなんて余裕じゃん!

と思った人にお伝えしたいのは、プログラマーさんに敬意を払うことを忘れないでください。システム開発業界では、しばしばSEが上、PGが下という関係に見られますが、これは業界体質がそうさせているだけで、両者の優劣はないです。

つまり、SEでプログラミングが嫌いなら、プログラマーさんに好かれるSEを目指しましょう。彼らの協力なくしては、システム開発はできませんし、味方につけられれば、プログラミングが嫌いでもなんとかなります。

プログラマーに好かれるコツ

  • プログラミングしやすい設計図をつくる
  • スケジュールに余裕を持たせ無理しない
  • クリティカルな課題はすぐさま解決する
  • コーディングの弊害はすべて取りはらう

これらはプログラミングが好きではない、ほとんどできないシステムエンジニアとして、自分が10年間で身に付けた処世術です。因みに人として好かれるコツは、ここでは触れていません。

プログラミングしやすい設計図

ポイント:仕様が明確であること

プログラマーに好かれるSEになるには、プログラミングしやすい設計図をつくれること、これが必須条件です。コーディングするときに迷わない、仕様が明確になっている設計図をつくりましょう。

自分がそうだったように、プログラミングができないSEにありがちなのが、いい感じにやってください!という曖昧な設計図。これだとプログラミングはできません。0か1かがハッキリしないと書けないのです。

スケジュールに余裕を持たせる

ポイント:余裕を持たせてリスク回避

システム開発のプロジェクトは、スケジュール通りに進んで、めでたしめでたし。このパターンはほぼ0で、想定外のことが必ず起こります。そして、そのしわ寄せがいきやすいのがプログラマーさんです。

そのため、スケジュールに余裕を持たせ、万が一のときにも対応できるよう、リスク回避可能なSEになりましょう。この対応ができれば、プログラマーさんの信頼をつかめます。

クリティカルな課題はすぐ解決

ポイント:優先度を見極めてすぐ対応

想定外の課題が発生すると、プログラマーさんの作業が止まってしまうことがあります。また、自分から言い出せないシャイな人や、抱え込んじゃう人もいるため、積極的にヒアリングすることも大切です。

プログラマーに好かれるSEは、彼らの課題を吸い上げて、その優先度を見極め、すぐさま対応します。クリティカルなものは秒で解決、コーディングが止まる影響の大きさをわかっているからです。

コーディングの弊害はすべて除去

ポイント:問題はすべて巻き取る

デキるプログラマーさんは、システムの仕様にも精通していることが多く、チーム内ではもちろん、関連チームや顧客からも頼られまくり、仕事が集中してしまうケースがあります。

ここで頑張るのもSEの仕事です。コーディングに関連するもの以外はすべて巻き取り、彼らの作業が止まらないよう配慮しましょう。自分が嫌いなプログラミングを任せているのだから当然ですね。

ここまでの内容をおさらいすると…

  • SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫
  • プログラマーに好かれるSEを目指そう
  • 嫌いなプログラミング以外は全部やる

SEは勉強が嫌いだと厳しいのはホント?

SEは勉強が嫌いでも大丈夫です。

これも自分のパターンに当てはまります。新入社員の頃、先輩のマネをしてデータベースの資格を取ったものの、仕事で使うことが一切なく、勉強しても無駄じゃん!とそこから10年間、ほぼ勉強せずに働いていました。

まず、システムエンジニアとして働いていく上で、勉強が嫌いだったとしても困ることはありません。顧客からの質問に即答できない、そんなことも知らんのかの視線を浴びる、そのくらいです。

ただ、今なら勉強の大切さがわかります…

独立してから気づいたこと

  • NG → 会社のための勉強
  • OK → 自分のための勉強

なぜ勉強が嫌いなのか。

ほとんどのケースは、会社のための勉強で、やらされていると感じるからではないでしょうか。もしかすると、どう活かすのかわからないまま、なんとな〜く勉強してる人もいるかもしれません。

自分がそうだったように、必要そうだから勉強する、みんなやってるから勉強する、資格があると良さそうだから勉強する、これは本当に意味がないことです。

自己成長のために勉強すべき

勉強は自分のためであり、自己成長のためにすべきです。では自己成長とは何かというと、スキルを身に付けて市場価値を高めること。そして、今の会社以外でも活躍できる人材になることです。

終身雇用が崩壊しつつある今、1つの会社でしか生きられない人材は、かなりリスクが高いとお考えください。これは他業種と比べて雇用の多い、システムエンジニアも例外ではありません。

SEのキャリアはこちらにまとめてみました。

SEはパソコンが嫌いではさすがに無理?

SEはパソコン嫌いだと厳しいです。

唯一、システムエンジニアはやめた方がいいよ!と助言するのは、パソコンそのものが嫌いな人。SEはパソコンを使った仕事が多く、パソコンが嫌いなのにやるのは苦痛でしかないでしょう。

パソコンスキルは必須の時代

IT社会において、パソコンスキルはほぼ必須です。この記事を読んでいただけている時点で、パソコンが嫌いという人は少ないと思いますが、もし嫌いな人がいたら初心者向けのパソコン講座から始め、パソコンスキルを身に付けてみると良いかもしれません。

参考までに情報処理推進機構(IPA)が取りまとめているIT人材白書によると、IT人材が不足していることがわかっています。パソコンスキルがあれば、SEを目指せるのはもちろん、就職先の幅が広がることは間違いないでしょう。

SEが嫌いになったら転職か独立しよう!

最後にメッセージです。

  • SEは異業種転職しやすい
  • SEは独立することも可能

もしSEで働いてみて嫌いになったら、転職したり、独立すればOK。プログラミングが嫌い、勉強が嫌い、パソコンが嫌いなど、あまり深く考えず、一度やってみることをおすすめします。

SEは異業種転職しやすい

システムエンジニアは異業種転職しやすいです。その理由は、各業界の各企業にはIT部門があり、そこに社内SEと呼ばれるシステムエンジニアがいるから。そのため、ほぼ全ての業界に入れる可能性を秘めています。

SEは独立することも可能

システムエンジニアから独立することも可能です。ただ、個人で稼ぎやすいスキルを身に付ける必要があり、その代表がプログラミング。SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫なものの、独立を目指すなら必要になるという矛盾があります。

独立しやすいスキルとは…

  • プログラミング
  • デザイン
  • ライティング
  • マーケティング
  • 動画編集 など

自分はWebライティングとWebマーケティングで独立しました。ただ、会社を辞めたタイミングでは知識0、収入0のニート状態。フリーランスで生活できるようになるまで4年掛かりました。

WebライティングやWebマーケティングを勉強するならブログがおすすめ。よかったら友人向けに書いた【手順あり】ブログは簡単に始められるの?【WordPressビギナー編】をご利用ください。プログラミングやデザインの学習は、スクールを利用する人も多いです。

おすすめのオンラインスクール

  • SAMURAI ENGINEER:【無料体験レッスン】挫折しないプログラミングスクール:初心者も安心のマンツーマン
  • DMM WEBCAMP PRO:【転職保証付き】未経験からITエンジニアを目指せる:就職までのトータルサポート
  • ヒューマンアカデミー:【講座数900超え】就転職・キャリアアップの最大手:IT講座ならお任せの総合専門校

以上、

SEはプログラミングが嫌いでも大丈夫かでした。そもそも「なぜSEにプログラミングスキルが必要」と考えられるのか。それはソースコードレビューなる仕事が存在するから、このケースがほとんどです。

ソースコードレビューとは

プログラマーさんが仕上げたコードをCheckする仕事です。ただ、プロフェッショナルがつくったコードをみたところで、指摘できることなどありません。つまり、Checkすべきはコードの正しさではなく、設計図通りつくられているか、機能が漏れていないかで、プログラミングスキルは関係ないのです。

この想いは以下の記事にまとめております。

SEへの一歩を踏み出す人へ

  • ポジウィルキャリア:無料相談ありの転職エージェント・プロのキャリアコーチングを受けてSEを目指す人向け
  • ヒューマンアカデミー:講座数900超えのキャリアアップ最大手・IT講座を受けてからSEを目指す人向け
  • DMM WEBCAMP PRO:転職保証付きのプログラミングスクール・基礎スキルを身に付けてSEを目指す人向け