Written by Yasusu

【手順あり】システムエンジニアを辞めたい時にやること【元SE解説】

SYSTEM ENGINEER

SEを辞めたい人「システムエンジニアを辞めたい。仕事に興味を持てないし、納期前が忙しすぎる。週末は疲れて寝てるだけ。このままの生活で良いのだろうか。」

こんな人向けに書いてみました。

自身も「システムエンジニアを辞めたい!」と思ったことが10年で30回くらいあり、SEを辞めたい人の気持ちがよくわかります。そこで同じ悩みを抱える人たちに向けて、今から何をすべきかを手順形式でまとめてみました。

少しでも参考になれば幸いです。<(_ _)>

目次

自身の経歴をお伝えすると「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「ニート3年」→「派遣で末端SIer」→「システムオペレーター5ヶ月」→「フリーランス」です。

SEのことならお任せください。(`・ω・´)ゞ

SEを辞めたい時①「理由を考える」

システムエンジニアを辞めたい!と思ったら、まずは辞めたい理由を考えてみましょう。メモ帳や紙にズラッと書き出してみるのもGoodです。

正しいアクションに必要

お先真っ暗で考えるのすらキツいかもしれません。ただ、辞めたい理由がわからないと、正しいアクションが取れず、また同じ理由ですぐに辞めたくなったりします。これを避けるためには、理由を考えることが大切です。

とは言ったものもの…

たぶん、辞めたい理由はこのあたり。
(自分は1、2、3、5を経験しました)

  1. 人間関係   :上司・先輩が合わない
  2. 労働時間   :残業・休日出勤が多い
  3. 労働環境   :設備・場所がショボい
  4. 給料・待遇  :年収が低い・増えない
  5. 将来への不安 :このままで良いか不明
  6. キャリアアップ:もっと高みに行きたい

複数当てはまることもあるでしょう。

さて、SEを辞めたい理由がわかったら、アクションプランを考えるわけですが、基本的には転職するか、独立するかの二択。どちらを選ぶにしても、辞めたい理由を解決すること、ここだけは絶対です。

また、理由により緊急度があります。

  1. 人間関係   :★★★★★(今すぐ)
  2. 労働時間   :★★★★☆(早めに)
  3. 労働環境   :★★★☆☆(なる早)
  4. 給料・待遇  :★★☆☆☆(要相談)
  5. 将来への不安 :★☆☆☆☆(要検討)
  6. キャリアアップ:★☆☆☆☆(要検討)

ここで押さえておきたいのは、一番大切なのは「あなた自身」であり、会社でははないです。つまり、自分の体を壊してまで、健康を害してまで、仕事をがんばる必要はありません。

SEは病む人が多い

SEで働いた10年間をふりかえると、明らかに体を壊して左遷された人、鬱で来れなくなった同期、そのまま辞めてしまった同僚など、ボロボロになるまで頑張ってしまった人をたくさんみてきました。

自身も仕事と遊びで無理しすぎた結果、20代半ばで関節リウマチを患ってしまい、現在も治療中です。特にストレスを甘くみてはダメ、万病の元といわれるのは本当で、過度なストレスは体を壊します。

解決すべき問題はどれでしょうか。

  1. 人間関係   :上司・先輩が合わない
  2. 労働時間   :残業・休日出勤が多い
  3. 労働環境   :設備・場所がショボい
  4. 給料・待遇  :年収が低い・増えない
  5. 将来への不安 :このままで良いか不明
  6. キャリアアップ:もっと高みに行きたい

SEを辞めたい時②「将来を考える」

SEを辞めたい理由がわかったら、次に将来を考えてみましょう。ここでは主に転職先の選び方、どんな会社に入ったら問題が解決するかを、元システムエンジニアの視点で考察しております。

  • 人間関係  → 経営者や直属上司をみよう
  • 労働時間  → 元請け・社内SEがおすすめ
  • 労働環境  → 規模の大きな会社に入ろう
  • 給料・待遇 → エージェントに相談しよう

SEを辞めたい理由が「将来への不安」や「キャリアアップ」の人は、【明暗あり】システムエンジニアに将来性はある?【元SEの体験談】を参考にしてみてください。自身がSEからフリーランスを目指した理由、キャリアアップした友人の話などをまとめております。

SEの人間関係で悩む人へ

ポイント:経営者や直属上司をみる

システムエンジニアに限らず、人間関係はどこでも合わない人が必ずいます。この問題を解決するのは難しいものの、リスクを下げるには、経営者や直属上司をチェックするのが良いです。

組織はトップの色が出る

会社・部署・チームなど、組織にはトップの色が出ます。そのため、どんな人が働いているかをイメージするなら、経営者や上司となる人をみればOK。面接では逆にこちらがチェックするのです。

経営者や直属上司と会えない場合は、面接担当者をチェックしましょう。会社の代表で来ているため、その人が合うか合わないかで判断しても、それほど大きくズレないはずです。

SEの労働時間で悩む人へ

ポイント:元請け・社内SEがおすすめ

システムエンジニアの労働時間で悩んでいる人は、SIer業界の頂点にいる元請けのSEになるか、SIer業界から外れて社内SEになるか、このどちらかがおすすめです。

元請けSEは待遇が良い

SIer業界はピラミッド構造で、頂点に近いほど待遇が良くなります。元請けだと30代前半で年収800万超えも普通です。また、労働組合がしっかりしており、労働時間で悩むこともほとんどないでしょう。

自身の労働時間をふりかえると、過労死が騒がれた2013年頃から激減し、多くて月30時間ほどでした。詳しくは【元SE談】システムエンジニアは残業が多いの?【ブラック経験あり】にまとめております。

もう1つは社内SEルートです。これまで顧客として頭が上がらなかった、あのポジションに入ることになります。どうでしょう、想像するだけで今より楽になる気がしますよね。

SEの労働環境で悩む人へ

ポイント:規模が大きな会社に入る

システムエンジニアの労働環境で悩む人は、なるべく規模の大きな会社に入ることをおすすめします。労働環境が悪くなるのは、会社の売上や利益率が低いから。固定費にかけるお金がないのです。

  • 零細企業    → NG
  • ベンチャー   → OK
  • スタートアップ → OK

因みに規模が小さくても、ベンチャーやスタートアップのような、いけいけどんどんで楽しく仕事ができて、スキルも身に付くのであれば、一時的に勤めるのもあり。ただ、ふる〜い零細企業あたりは要注意です。

ここまでの内容をおさらいすると…

SEの転職先の選び方

  • 人間関係  → 経営者や直属上司をみよう
  • 労働時間  → 元請け・社内SEがおすすめ
  • 労働環境  → 規模の大きな会社に入ろう
  • 給料・待遇 → エージェントに相談しよう

イメージが掴めたら次のステップです。

SEを辞めたい時③「転職を考える」

いよいよSEを辞める時がきました。

ここから少し現実的になります。若干、厳しめの内容かもですが、自分が経験してきた「人生そんなに甘くない」からお伝えできる内容です。

基本的な転職の流れ

  1. 自分のスキルを棚卸しする
  2. 自分の市場価値を確認する
  3. 年収が上がるなら転職する
  4. 年収が下がるなら勉強する
  5. 1に戻って繰り返し

転職は年収が上がるならOKで、年収が同じか変わらないなら、勉強してスキルを身に付ける。これが基本的な流れです。ただ、緊急度が高い人(ストレス過多、ブラック企業など)は、すぐに転職すべきでしょう。

転職はキャリアを早める手段

転職はキャリアを早め、年収アップするための手段です。過去の自分が考えたように、逃げから転職するのは本筋ではありません。つまり、今の状態から抜け出すには、自身の市場価値を高めることが本質となります。

現実を直視するのが怖い人もいるはず。自分も流されるがままSEとして10年働き、勉強もしてこなかったため、市場価値の高くない人材になってしまいました。それでも自分を客観視しないと、現状を打破するのは難しいです。

まずは自分の市場価値を知ろう。
(己を知りうる者は賢者なり)

自分の市場価値を確認する

SEを辞めたい時にやること④「独立を考える」

SEを辞めて独立するケースです。

  • 副業 → 収入UP → フリーランス
  • サービス構築 → 仲間集め → 起業

主に2つの流れがあります。1つは会社員で働きながら、副業収入を高めていき、生活できると判断したらフリーランスになる方法。もう1つは自分でサービスやアプリをつくり、仲間を集めて起業する方法です。

どちらもスキルが必要

どちらのルートを選ぶにも、個人で稼げるスキルが必要です。ここで転職と同じように、スキルが求められることがわかります。結局のところ、会社で活躍できる人材と、独立して活躍人材はほぼイコールです。

この事実に気づくのに10年掛かりました。
(たぶん現実から目を背けていただけ…)

以下は参考まで。

個人で稼ぎやすいスキル

  • プログラミング
  • デザイン
  • ライティング
  • マーケティング
  • 動画編集 など

既にスキルを持っている人は、個人で受けられる案件を探してみると良いでしょう。副業収入が大きくなれば、フリーランスとして独立する道がみえてきます。

IT業界で起業したい人は、プログラミンスキルが必要です。自分でサービスやアプリをつくるのに、必ずプログラミングを使うため、ほぼ必須スキルと言えるでしょう。

フリーエンジニアの案件探し

  • Midworks:フリーランスエンジニア向けの大手エージェント(正社員並みの保障がテーマ、良心的なサポートが多い)
  • Engineer-Route:IT特化のフリーランス向けの案件紹介サイト(トータルサポートあり・営業が苦手な人でも安心)

プログラミングスキルの習得

  • SAMURAI ENGINEER:【無料体験レッスン】挫折しないプログラミングスクール:初心者も安心のマンツーマン
  • DMM WEBCAMP PRO:【転職保証付き】未経験からITエンジニアを目指せる:就職までのトータルサポート
  • TechAcademy:【無料体験あり】現役エンジニア1,000名在籍のオンラインスクール:ITスキルならお任せ

SEを辞めたい時にやること⑤「一歩踏み出す」

最後はメッセージとなります。

システムエンジニアを辞めたい!と思った、今の気持ちが冷めないうちに、一歩だけ踏み出してみましょう。現状を変えたい、人生を変えたい、将来に希望を持ちたい、これらは今行動することで全て解決できます。

行動しなかったSE10年間

これは過去の自分へのメッセージでもあります。というのも、自身はSEとして働いた10年間、ほとんど行動せず、流されるまま働き続けたから。勉強もほとんどしてこなかったです。

その結果、人生は変わりませんでした。

SEとして働いた10年後の自分は、新入社員時代にみた上司や先輩そのものでした。当時、特にあこがれないな、こんな風にはなりたくないかも、そう感じていたはずなのに、気づけば同じ状態になっていたのです。

人生が終わるときに後悔することは「あの時◯◯しておけばよかった」がほとんどだそうです。1年後に今とは違う景色をみたい人は、人生で一番若い「今日」一歩を踏み出すことをおすすめします。


以上、

システムエンジニアを辞めたい人へでした。ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございます。最後まで読んでくれた人は、もしかすると大きな悩みを抱えているのかもしれません。

ただ、どれだけ大きな悩みであったとしても必ず解決できます。そして、それを解決できるのはあなた自身であり、解決する方法はあなたの行動です。今日の一歩が明日への希望となりますように♪

転職への一歩を踏み出す人へ