Written by Yasusu

【徹底比較】システムエンジニアとプログラマーの違い【元SEの視点】

SYSTEM ENGINEER

IT業界で働きたい人「システムエンジニアとプログラマーの違いを知りたい。友達からはSEを勧められたけど、PGの方がなんかカッコイイし、どっちを目指したらいいのかな。」

こんな人向けに書いてみました。

自分は国内最大手のシステム開発会社(SIer)で、10年間システムエンジニア(SE)として働いた経験があります。数多くのシステム開発を通じて、たくさんのプログラマー(PG)さんと一緒に仕事をしてきました。

そのため、システムエンジニアとプログラマーの違いはもちろん、どちらを目指すべきか、それぞれのメリットやデメリットなど、気になるところをズバッと回答できるはずです。

ざっくり違いを一覧化すると…

項目 SE PG
仕事内容 システムを描く人 システムを作る人
年収 平均より高い 平均より低い
スキル コミュニケーション プログラミング
将来性 あり あり
キャリア 大企業へ転職 SE/独立
立場 PGより強い SEより弱い

システムエンジニアとプログラマーの関係は、建築士と大工に似ています。実は業界もそっくりで、建設業界の「ゼネコン → サブコン → 工事会社・大工」のように、SIer業界では「大企業 → 中小企業 → 開発会社・PG」のピラミッド構造となっています。

つまり、SEは建築士、PGは大工です。

目次

自分の経歴をお伝えすると「新卒で国内最大手SIer」→「SE10年で退職」→「ニート3年(収入なしフリーランス)」→「派遣で末端SIer」→「SE5ヶ月で退職」→「フリーランス」こんな感じです。SIer業界のトップと末端、どちらも経験しております。

システムエンジニアとプログラマーの違いとは?

システムエンジニアとプログラマーの違いについて、より詳しく解説していきます。先程のピラミッド構造を頭に入れておくと、スムースに理解できるはずです。

SEとPGの『仕事内容』の違い

  • SE → システムを描く人(設計者)
  • PG → システムを作る人(実装者)

システムエンジニアの仕事は、システムを設計することで、顧客が求めるシステムをどのようにつくるか、その構成を決めていきます。一方、プログラマーの仕事は、SEから渡された設計書や構成図をもとに、プログラミングで実装していくことです。

システム開発の流れでみると。
(一般的な工程になります)

  1. 企画・提案 → 営業/SE
  2. 要件定義  → SE
  3. 設計    → SE(PG)
  4. 製造    → PG
  5. 試験    → SE(PG)
  6. 運用・保守 → SE/CE/OP(PG)

CE:カスタマーエンジニア
OP:システムオペレーター

プログラマーは製造がメインではあるものの、設計や試験のお手伝い、場合によっては運用・保守でバグ改修なんかも担当することがあります。

その理由は、表向きではSEがやるとコストが掛かりすぎるからで、本質的にはSEにスキルがないから。これは建築士が大工の役割を果たせないのと同じです。

アウトソーシングの業界体質

システム開発業界は、泥臭いお仕事(主にプログラミングのこと)を外注することが多いです。これが業界体質であると覚えておきましょう。

おさらいすると、システムエンジニアは設計する仕事です。プログラマーは実装する仕事ですが、多くのケースでシステムエンジニアを手伝うことになります。

SEとPGの『年収』の違い

  • SEの平均年収 → 550万くらい
  • PGの平均年収 → 400万くらい
  • 全職種の平均年収 → 450万くらい

厚生労働省によると、システムエンジニアの平均年収は550万ほどで、全職種の平均年収より100万も高いです。それに対しプログラマーの平均年収は400万ほどで、平均以下の低待遇となっています。

この差はピラミッド構造にあり

上位に君臨するSIer(システムインテグレータ)がもっとも利益率が高く、当然ながら年収も高くなります。下請けになればなるほど利益率が下がり、同時に年収も低くなっていくのです。

SIerの年収イメージです。

  • 大企業 (一次請け):800〜1,000万
  • 中小企業(二次請け):500〜700万
  • 開発会社(三次以降):300〜400万

必然的に上位にいるシステムエンジニアの年収が高くなり、末端にいるプログラマーの年収が低くなります。参考までに、自分が勤めていた頃は、一次請けのシステムエンジニアで年収800万(30代前半)でした。

SEとPGの『スキル』の違い

  • SEのスキル → コミニュケーション
  • PGのスキル → プログラミング

システムエンジニアに求められるのは、コミュニケーションスキルと、広く浅くの技術知識です。一方でプログラマーに求められるのは、プログラミングスキルで、担当するシステムによって使用言語が異なります。

SEは話せれば何とかなる

ダメSE代表で言わせていただくと、システムエンジニアには話せるけど技術知識が乏しい人がたくさんいます。自分も10年働いたにも関わらず、プログラミングスキルは基礎以下。なんとな〜く読めるけど、コーディンはできません。

SEとPGの『将来性』の違い

  • SEの将来性 → ある
  • PGの将来性 → ある

IT社会において、システムエンジニアとプログラマーは、とても重要な存在です。そのため、将来性はどちらもありますが、両方できる人が生き残る、そんな時代が来るのではないかなと思ってます。

シリコンバレーのエンジニア

IT企業の聖地として知られる、シリコンバレーで活躍するエンジニアの多くは、SEとPGのスキルをどちらも持っています。さらにビジネスに精通し、クリエイティブな発想もできる、圧倒的なスペシャリストです。これを基準に考えると、技術力のないSE、指示通りにやるだけのPGは、淘汰されていくかもしれません。

自身が技術力のないSEを10年続けた感想としては、会社に居続けることはできるけど、徐々に肩身が狭くなっていく、そんな感じがありました。会社が傾いたらヤバいな、というのが当時の気持ちです。

システムエンジニアとプログラマーは、どちらも将来性があります。ただ、その道で生き残るには、両方できるシリコンバレー的なエンジニア、周りより秀でたスペシャリストになっておくことが大切です。

SEとPGの『キャリア』の違い

  • SEのキャリア → 大企業のSE
  • PGのキャリア → 大企業のSE、独立

基本的にはピラミッドの頂点を目指すことになります。そのため、プログラマーはシステムエンジニアを目指し、システムエンジニアは一次請けの大企業を目指すのが、もっともわかりやすいキャリアプランです。

大企業にゴールインした後はこちら。
(実際に辞めた人が考える3つのルート)

» 辞めたあとの人生を考える|【経験談】大企業を辞めたい人への3つの提案【人生について考えよう】

プログラマーなら独立もあり

プログラマーの場合、ピラミッドを登るのではなく、独立するのもあり。一定のプログラミングスキルがあれば、フリーランスとして生きていけます。仕事はエージェントを通じて受注したり、メールやSNSを利用して営業していくのが一般的です。

プログラミング案件を探すなら

  • CroudWorkd:クラウドソーシングの国内最大手(クライアント10万社、クラウドワーカー71万人の圧倒的な実績)
  • Midworks:フリーランスエンジニア向けの大手エージェント(正社員並みの保障がテーマ、良心的なサポートが多い)

SEとPGの『立場』の違い

  • SEの立場 → 上:PGへ指示を出す
  • PGの立場 → 下:SEの指示で動く

多くのシステム開発会社は、システムエンジニアが上で、プログラマーが下という構造です。これがSEの方が偉い、PGはショボいと思われがちな理由の一つで、そのまま年収や待遇などに反映されています。

この立場を気にせず働くには、ベンチャーかスタートアップに行くのが良いでしょう。全て自分でやらなければならないため、SEとPGの立場など関係ありません。完全な実力主義になります。

『SE > PG』は業界体質

システム開発業界では、しばしばシステムエンジニアが上で、プログラマーが下という見方をされます。これは実力、スキル、頭の良さなどの違いではなく、ピラミッド構造の業界体質があるからです。

ここまでの内容をおさらいすると…

項目 SE PG
仕事内容 システム設計 システム実装
SEのお手伝い
平均年収 550万くらい 400万くらい
スキル コミュニケーション プログラミング
将来性 両方できるエンジニアが生き残る
キャリア 一次請けを目指す SEになる
独立する
立場 上:PGへ指示を出す 下:SEの指示で動く

システムエンジニアとプログラマーおすすめは?

システムエンジニアとプログラマー、おすすめはどちらなのか、目指すならどっちなのか。システムエンジア歴10年、元SE視点でズバッと答えます。

  • 会社員で生きるならSE
  • 独立して生きるならPG

システム開発業界がピラミッド構造である以上、トップに近づくほど、年収も待遇も良くなるのは必然です。そのため、会社員で生きるならシステムエンジニア一択となります。

ただ、独立するならプログラマーをおすすめします。これはSEのゼネラリストスキルより、PGのスペシャリストスキルの方が、個人で稼ぐのに向いているからです。

SEから独立した話【経験談】

自分はSEから独立しました。

  1. 一次請けSIerに入社する
  2. システムエンジニアを10年やる
  3. 副業収入0で辞める(←ここがダメ)
  4. フリーランスで生活できるまで4年

ここでお伝えしたいのは、システムエンジニア会社員の延長線上に、フリーランスや独立がないということです。SIerでそつなくシステムエンジニアとして働けても、個人で稼ぐのは難しいと実感しています。

自分のスキルをふりかえると…

SE時代のスキル

  • コミュニケーション
  • マネジメント
  • 論理的思考力
  • 問題解決力
  • 表現力 など

フリー時代のスキル

  • Webライティング
  • Webマーケティング
  • プログラミング
  • 仮説構築力
  • 発信力 など

SE時代の自分は、会社員にありがちなゼネラリストで、何でもそつなくこなせるけど、飯を食えるコアスキルはありませんでした。一方でフリー時代の自分は、個人で稼ぐことに特化した、スペシャリストタイプ(仮)と言えます。

おさらいすると、会社員で生きるならシステムエンジニア、独立して生きるならプログラマーがおすすめです。自分に厳しい人ならSEで働きつつ、プログラミングを独学したり、副業で稼いだりするも良いでしょう。

働き方 SE PG
会社員 ×
フリーランス

注意:プログラマー会社員

割りとハマりやすくて注意しなければならないのは、ずっとプログラマー会社員を続けることです。これはピラミッドの下層で働き続けることになるのでNG。期限を決めてSEになるか、独立しましょう。

キャリアアップを目指す人へ

  • ミイダス:市場価値をチェックできる転職アプリ・自己分析から始めてキャリアアップを目指す人向け
  • ポジウィルキャリア:無料相談ありの転職エージェント・プロのコーチングを受けてキャリアアップを目指す人向け
  • ヒューマンアカデミー:講座数900超え・年間19,000人利用の総合校・IT講座を受けてキャリアアップを目指す人向け
  • DMM WEBCAMP PRO:転職保証付きのプログラミングスクール・ITスキルを基礎から学んでキャリアアップを目指す人向け

システムエンジニアやプログラマーを目指す人へ

最後に元SEからのアドバイスです。
(偉そうに言ってごめんなさい<(_ _)>)

どんな人生にするか。

自分はこれをよく考えないまま、SEとして10年働いたことに、少々後悔しております。システムエンジニアでも、プログラマーでも、どんな人生にするか、そのキャリアプランを明確に持っておくことが大切です。

先の繰り返しになりますが、会社員の延長線上にフリーランスはありません。そのため、独立を目指すのであれば、会社以外のところでがんばる必要があります。

どんな生き方をしたいか

システムエンジニアになる、プログラマーになる、もちろん仕事のキャリアも大切です。ただ、どんな生き方をしたいか、人生のキャリアはもっと大切だと思います。

以上、

SEとPGの違いについてでした。

ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございます。この記事は過去の自分に伝えられるなら、そんな想いで今知りうる全ての情報を叩き込みました。

もし就活前に戻れたとしても、同じ会社を選ぶでしょう。もし入社3年目に戻れたとしても、システムエンジニアを続けるでしょう。ただ、自分でスキルを身に付ける、その行動を今すぐ起こしたことは間違いないです。

人生がより良いものとなりますように♪

人生のキャリアを踏み出す人へ

  • ミイダス:市場価値をチェックできる転職アプリ・自己分析から始めてキャリアアップを目指す人向け
  • ポジウィルキャリア:無料相談ありの転職エージェント・プロのコーチングを受けてキャリアアップを目指す人向け
  • ヒューマンアカデミー:講座数900超え・年間19,000人利用の総合校・IT講座を受けてキャリアアップを目指す人向け
  • DMM WEBCAMP PRO:転職保証付きのプログラミングスクール・ITスキルを基礎から学んでキャリアアップを目指す人向け