Written by Yasusu

【元SE談】システムエンジニアは残業が多いの?【ブラック経験あり】

SYSTEM ENGINEER

SEになりたい人「システムエンジニアは残業が多いとか、ブラックとかよく聞くけど、本当なのかな。SEに転職しても大丈夫なのか知りたい。」

こんな人向けに書いてみました。

結論から申し上げると、システムエンジニアの残業は、それほど多くありません。システムエンジニアが働く、情報通信業の平均残業時間は、令和2年で14.8時間/月となっています。

自分がシステムエンジニアとして働いていた、2007年から2017年までの10年間をふりかえると、前半のピークで80〜100時間くらい。過労死が騒がれた2013年頃から減っていき、後半は多くても30時間ほどでした。

目次

自身の経歴をお伝えすると「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「ニート3年」→「派遣で末端SIer」→「システムオペレーター5ヶ月」→「フリーランス」です。SEのことならお任せください。(`・ω・´)ゞ

システムエンジニアは残業が多いのか?

SEの残業はそこまで多くありません。

厚生労働省が取りまとめている「毎月勤労統計調査」によると、令和2年の情報通信業の平均残業時間は「14.8時間/月」となっており、1日あたり1時間未満です。

ただ、全業種の平均残業時間「9.2時間/月」より多く、全16業種中で4番目と上位であることも確かです。そのため、システムエンジニアの残業は、それほど多くないものの、全体でみると少し多いと言えるでしょう。

SEの残業は減少傾向

システムエンジニアが働く、情報通信業の残業時間は減少傾向にあります。緩やかではあるものの、業界平均の10時間/月に近づいており、SEの長時間労働が改善されてきている、一つの目安です。

ここまでの内容をおさらいすると…

  • SEの残業はそこまで多くない
  • 情報通信業の残業は14.8時間/月
  • 情報通信業の残業は4位でやや高め
  • 情報通信業の残業は減少傾向あり
  • SEの長時間労働は改善されつつある

システムエンジニアと他業種の残業比較

システムエンジニアの働く、情報通信業と他業種を比べると、より残業時間が減少傾向であることがわかります。というのも、2005年から2016年までずっと全体2位だったのが、2017年から3位以下に下がったからです。

西暦 1位 2位 3位
2005年
~2014年
運輸業・郵便業 情報通信業 製造業など
2015年 運輸業・郵便業 情報通信業 製造業
2016年 運輸業・郵便業 情報通信業 電気・ガス業
2017年 運輸業・郵便業 製造業 情報通信業
2018年 運輸業・郵便業 製造業 電気・ガス業
2019年 運輸業・郵便業 鉱石・採石業等 製造業
2020年 運輸業・郵便業 鉱石・採石業等 電気・ガス業
■情報通信業の順位
・2018年は7位、2019年は4位、2020は4位

情報通信業の残業順位は、2017年に3位となり、2018年には7位まで大きく順位を下げました。その後、2019年と2020年で4位まで戻したものの、残業時間が減少傾向にあることは間違いないでしょう。

残業1位は運輸業・郵便業

今回チェックした2005年から2020年まで、全ての期間で残業1位となっていたのが「運輸業・郵便業」です。業界知識がないのでわかりませんが、システムエンジニアより遥かにブラック臭が漂っています。

なぜSEはブラックなイメージなのか?

なぜSEはブラックなイメージなのか。

  • 3K超えの7K
  • デスマーチ
  • 真面目すぎる日本人

元システムエンジニアの視点から、この3つを挙げてみました。全て過去の遺産になりつつありますが、現代でも拭い切れないほどのインパクトがあったのだと、改めて気づかされます。

システムエンジニアの7K

一時、システムエンジニアは、劣悪な労働環境から7Kと揶揄されたことがあります。一般的には3K(きつい、帰れない、給料が安い)でも厳しいところ、さらに4K(規則が厳しい、休暇がとれない、化粧がのらない、結婚できない)が追加されました。

デスマーチとは、長時間の残業や徹夜・休日出勤の常態化といった、プロジェクトメンバーに極端な負荷・過重労働を強い、通常の勤務状態では成功する可能性がとても低いプロジェクト、およびこれに参加させられている状況を指す。
by: ウィキペディア(Wikipedia)

自身もデスマーチ的なプロジェクトを何度か経験しています。ただ、今思うのは「なぜそこまで頑張る必要があったのか」です。ここに日本人特有の真面目さが関係しているのかなと感じます。

当時のマインドがこちら。

  • 何が起きても絶対に納期を守る
  • 顧客に指摘されたら忠実に従う
  • 人手不足でも気合いで乗り切る
  • 自分一人頑張ってなんとかする
  • みんな残業してるから当たり前

今考えると意味不明です。詳しくは後述しますが、「会社の仕事」より「自分の健康」の方が圧倒的に大切なので、無理する必要はありません。また、命を懸けたところで、劇的に給料アップ!とかないので無意味です。

こちらも良かったらどうぞ

SEでブラックを避けるのに必要なこと

最後にブラックを避けるのに必要なことを考えてみました。これからシステムエンジニアとして働く人はもちろん、会社員として仕事をしていく人に、知っておいてほしいことをまとめております。

会社員の心得4つ

  1. 会社に依存しないこと
  2. 自分の身は自分で守る
  3. 敢えて空気を読まない
  4. サービス残業はやめる

上から順番に重要です。これはシステムエンジニアとして10年、会社員として10年働いた経験からわかったことで、当時の自分に伝えられるならという気持ちで書いています。

会社に依存しないこと

会社に依存するのはやめましょう。
  • Good:今の会社がダメなら転職する
  • Bad:今の会社がダメだと人生終わり

会社に依存してしまうと、会社のために働きすぎる、残業しすぎる、頑張りすぎる、という状況になりがちです。また、上司や先輩が間違っていても指摘できないなど、自分という存在がどんどん失われていきます。

これを避けるには、自分の市場価値を高めなければなりません。いつクビになってもOK、それくらいの気持ちで働けるのが理想です。会社は人生そのものではなく、人生の一部であることを忘れないようにしましょう。

自分の身は自分で守る

自分の身は自分で守りましょう。
  • Good:自分のカラダを最優先にする
  • Bad:自分のカラダが壊れるまで働く

システムエンジニアとして働いていた頃、明らかにカラダを壊して、左遷されたような人をたくさん見てきました。また、身近な同僚や同期にも、鬱で来れなくなった人など、ココロを壊した人も多くいます。

20代半ばで関節リウマチ発症

自分も仕事と私生活を無理しすぎたせいか、20代半ばで関節リウマチを発症してしまいました。直接的な原因とは言い切れないものの、1つの要因になったと感じています。

多くの人はカラダを壊すまで働いて、会社より自分を優先するべきだった、仕事より健康を優先するべきだったと気付きます。ただ、それでは遅いです。特にストレスは万病の元、ご注意ください。

敢えて空気を読まない

空気を読まず、帰りましょう。
  • Good:やることをやったので帰る
  • Bad:上司や先輩がいるから残る

上司や先輩が帰らないので、空気を読んで残ったり、無理矢理やることを探してしまうパターンがあります。ここは敢えて空気を読まず、帰ることを徹底すべきです。

社内得点よりスキルアップ

上司に気に入られると昇進が早い。これは10年間の会社員経験から、ほぼ正しいと言えます。ただ、その会社でしか使えない得点を稼ぐより、スキルを身に付けて市場価値を高める方がもっと重要です。

システムエンジニアには将来性があるものの、キャリアをしっかり考えておかないと、その会社でしか生きれない、つぶしのきかないSEになってしまう可能性もあります。

こちらも良かったらどうぞ

サービス残業はやめる

サービス残業はやめましょう。
  • Good:1分過ぎたら残業申請する
  • Bad:30分までは残業申請しない

ちょっと極端に書いていますが、このくらいの気持ちでという意味です。1分を侮るとなぁなぁになり、そのままサービス残業の沼にハマってしまうこともあるので、ご注意ください。

また、朝の5〜15分くらいの遅刻が常態化している、ルーズな職場だと残業も曖昧になりがちです。自分だけは絶対に遅刻しない、だからサービス残業もしないと固く誓い、時間を大切にしましょう。

もう一度おさらいすると…

会社員の心得4つ

  1. 会社に依存しないこと
  2. 自分の身は自分で守る
  3. 敢えて空気を読まない
  4. サービス残業はやめる

これらに共通するのは、会社よりも自分の優先度を高くすること。「会社はお金を貰うところ」ではなく、「自分のスキルアップのために利用するところ」、そんな認識で働くのがおすすめです。


以上、

システムエンジニアの残業についてでした。SEがもっとも多く働いている、情報通信業の残業は「14.8時間/月」でそこまで多くないです。また、残業時間は減少傾向にあり、今後さらに働きやすくなるかもしれません。