Written by Yasusu

【元SE談】システムエンジニアに学歴は関係あるの?【結論はあります】

SYSTEM ENGINEER

SEになりたい人「システムエンジニアを目指すのに学歴は関係あるのかな。よく学歴よりスキルが大事と聞くけど本当だろうか。いい大学に入れなかったらアウトなのか知りたい。」

こんな人向けに書いてきました。

結論から申し上げると、システムエンジニアに学歴は関係あります。ただ、就職活動において必要なだけで、仕事をしていく上では関係ないです。また、いい大学い入れなくても、学歴不問にする裏技や、学歴フィルターをはずす方法があります。

目次

自分の経歴をお伝えすると「立命館大学理工学部卒」→「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「迷走フリーランス3年」→「派遣社員5ヶ月」→「独立フリーランス」となります。

大学に行くか迷ってる人は【告白】システムエンジニアを目指すなら大学に行くべき?【元SE談】も参考にしていただければ幸いです。

システムエンジニアに学歴は関係あるの?

システムエンジニアに学歴は関係あり。

日本の学歴社会は、まだまだ根強く残っています。そのため、システムエンジニアに限らず、就活全般で学歴が関係してくるとお考えください。ただ、SEなら会社はどこでもいい!というのであれば、それほど学歴は関係ありません。

SEになるのは難しくない

  • IT業界は人材不足である
  • SE求人は他業種より多い

システムエンジニアになるのは難しくありません。というのも、IT業界では働く人が不足しており、他業界より圧倒的に求人倍率が高いからです。

エンジニアの求人倍率は、全体より2〜3倍ほど高く、人が集まりやすい事務職と比べたら10倍近くになったりします。そのため、システムエンジニア就職するのは、それほど難しくないのです。

上位SIerには学歴がいる

システムエンジニア就職できるのに、なぜ学歴が関係あるのか。その答えは、多くのSEが働いている、SIer(システムインテグレータ)業界のピラミッド構造にあります。

年収や待遇が段違い

厚生労働省によると、SEの平均年収は550万円で、全職種の平均年収450万円よりも高いです。ただ、実際には上位の大企業SEが800万〜1,000万もらっているのに対し、下位の開発会社SEは300万〜400万しかもらえない現実があります。

自身が国内最大手SIerで働いていた時は、30代前半で年収800万ほど。また、新入社員時代をふりかえると、東大、京大、慶応、早稲田といった高学歴がゴロゴロいる一方、いわゆるFラン大学はゼロでした。(2007年入社の話です)

ここまでの内容をおさらいすると…

  • SEになるだけなら学歴はいらない
  • SEは求人倍率が高く就職しやすい
  • SEで年収を求めるなら学歴は必須
  • SEはピラミッドの上を目指すべき

システムエンジニアを目指すなら、1つでも上のランクの大学に行くことをおすすめします。SEには文系卒の人もたくさん採用されるので、学部や学科はそこまで気にしなくてOK。就活で必要なのは大学名という学歴です。

システムエンジニアで学歴不問にする裏技

システムエンジニアが活躍するIT業界において、学歴不問とよく耳にしますが、実際に学歴を関係なしにする裏技があります。

スキルで学歴不問にする

学歴が有効なのは就職活動のみ。それ以降は実力主義となるため、実践スキルを身に付けておけば、学歴よりも遥かに優れたアピールポイントになります。

SEの実践スキルとは

SEの実践スキルはこのあたりです。

  • 影響小:資格、語学力
  • 影響中:システム開発経験
  • 影響大:アプリ・サービス作成

もっともわかりやすいのが資格や語学力です。システムエンジニア就職で有利になるのは、国家資格の「基本情報技術者」や「応用情報技術者」や、TOIEC800点以上などの英語力。ただ、採用の決め手になるほどの影響力はありません。

学歴をふき飛ばすのはここからです。

システム開発経験

インターンシップやクラウドソーシングを通じて、システム開発を経験しているのであれば、学歴不問になるくらいの影響力があります。これから仕事でやることを先にやっているのだから、会社側からすると理想的な人材です。

アプリ・サービス作成

最強なのは自分でアプリケーションやサービスを作ってしまうこと。それをインターネットで公開し、誰かが使っている、収益が発生しているとなれば、即採用レベルでしょう。コミュ力に問題がなければ…

システムエンジニア就職において、学歴不問にする裏技は、インターンやクラウドソーシングでシステム開発を経験すること、もしくは自作アプリやサービスで収益化することです。資格や語学力はちょっぴり有利になります。

  • Lv1:基本情報、応用情報、TOIEC
  • Lv2:インターン、クラウドソーシング
  • Lv3:自作のアプリ・サービスで収益化

もっとも簡単かつすぐに始められるのは、ブログ(Webサービス)です。興味のある人は【手順あり】ブログは簡単に始められるの?【WordPressビギナー編】を参照ください。

プログラミングの勉強もありですが、自分のスキルを証明できる、アウトプットがないと学歴不問までは厳しいです。そのため、学習後にものづくりを経験すること、さらに収益化によるビジネス経験があることが重要となります。

おすすめのオンラインスクール

  • TechAcademy:【無料体験あり】現役エンジニア1,000名在籍のオンラインスクール:ITスキルならお任せ
  • SAMURAI ENGINEER:【無料体験レッスン】挫折しないプログラミングスクール:初心者も安心のマンツーマン
  • POTEPAN CAMP:【学割20%OFF】Web系エンジニアにつよいプログラミングスクール:Webアプリをつくって学ぶ

SE就職後に学歴フィルターをはずす方法

システムエンジニア就職で、めでたく上位の大企業SIerに入れたら良いですが、実際には思い通りにならないこともあるでしょう。そこでSE就職後に学歴フィルターをはずす方法について、お話しします。

学歴フィルターのはずし方は2つ。

  • 第二新卒で挑戦する
  • フリーランスになる

詳しくみていきます。

第二新卒で挑戦する

1つは第二新卒で挑戦する方法です。

これは新卒で入った会社を踏み台にする方法なので、あまり良くみられないかもしれません。ただ、採用する会社からはメリットが大きく、学歴フィルターがはずれやすいです。

第二新卒は社会人研修済み

第二新卒が魅力的なのは、社会人としての立ち振る舞いができること。ずばり、新入社員研修とOJT(On the Job Training)が終わっており、教育費用が掛からないのが最大のメリットです。

実際、身近な友人の彼女(当時の話です)が、第二新卒で「中小企業のSIer」から「大企業の外資系ITコンサル」に転職していました。第二新卒のポジションを有効に使い、戦略的に面接でアピールできれば、チャンスは大きく広がります。

フリーランスになる

もう1つはフリーランスになる方法です。

こちらは学歴フィルターをはずすというより、SIer業界のピラミッド構造からはずれ、会社員ではなく自分の力で生きていくルートになります。フリーランスの世界は、完全な実力主義で、学歴はほぼ無意味です。

中小企業SEこそ目指すべき

SIer業界では、大企業(元請け)が営業とコンサルのような仕事で、中小企業(下請け)が実装とプログラミングのような仕事になることが多いです。ずばり、独立向きなスキルが身に付くのは、後者だったりします。

ダメSE代表で言わせていただくと、大企業でシステムエンジニアを10年経験したものの、個人では全くと言っていいほど、稼げませんでした。フリーランスで生活できるまで、実に4年も掛かっています。

これならプログラミングスキルが身に付く、中小企業SEのが良かったじゃん!とさえ思うくらいです。将来的にフリーランスを目指すのであれば、ピラミッドの上にこだわる必要はなく、むしろ下の方が良かったりします。

SIer業界をもっと知りたい人へ


以上、

システムエンジニアに学歴は必要なのかでした。おさらいすると、SEになるのに学歴は必要ないけど、年収や待遇の良いところで働くには、学歴が関係してきます。

SE就職する人向けの裏技

  • Lv1:基本情報、応用情報、TOIEC
  • Lv2:インターン、クラウドソーシング
  • Lv3:自作のアプリ・サービスで収益化

SE就職した人向けの裏技

  • 第二新卒で挑戦する
  • フリーランスになる

新卒の就職活動では「大学名という学歴」が猛威を振るいます。それを覆すには、資格・経験・実績をつくるのが有効です。圧倒的に強いのは、自作アプリやサービスのものづくり経験と、収益化によるビジネス経験の2つ。

個人的にはブログもおすすめです。

おすすめのオンラインスクール

  • TechAcademy:【無料体験あり】現役エンジニア1,000名在籍のオンラインスクール:ITスキルならお任せ
  • SAMURAI ENGINEER:【無料体験レッスン】挫折しないプログラミングスクール:初心者も安心のマンツーマン
  • POTEPAN CAMP:【学割20%OFF】Web系エンジニアにつよいプログラミングスクール:Webアプリをつくって学ぶ