Written by Yasusu

【安心】数学が苦手でもSEになれる理由とは?【必要なのはコミュ力】

SYSTEM ENGINEER

数学嫌いなSE志望者「システムエンジニアには数学が苦手でもなれるのかな。SEは理系の人が活躍するイメージだし、文系の自分がきちんと仕事できるか不安。」

こんな人向けに書いてみました。

結論から申し上げると、システムエンジニアには数学が苦手でも、文系卒でもなれるし、活躍できる職業です。自身はSE歴10年ですが、数学が役立った、理系卒で良かったと感じたことはありません。

IT技術者の最終学歴

IT人材白書2017によると…
(最新の公開データ)

文理 学部 割合
文系 文学系 5.9%
社会学系 2.4%
経済・経営学系 14.7%
その他文系 3.5%
理系 情報系 38.9%
理学系 7.9%
工学系 14.9%
その他理系 2.2%
大学以外 5.6%

IT人材の3割は文系卒です。

また、企業規模が大きくなるほど、文系卒が多くなることもわかっています。実際、自分が勤めていたSIerでは、新入社員500名のうち4〜5割は文系卒でした。このことからも数学が苦手でも、文系卒でもSEになれることがわかるでしょう。

目次

自身の経歴

「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「ニート3年」→「派遣で末端SIer」→「システムオペレーター5ヶ月」→「フリーランス」

SEのリアルをお届けします。(`・ω・´)ゞ

SEに数学が苦手でもなれる理由とは?

SEに数学が苦手でもなれる理由は…

  • SEの仕事で数学は使わない
  • SEの基礎は新人研修でOK
  • SEはスキルより経験が重要

元SEの視点からこの3つを挙げます。
1つずつ詳しくみていきましょう。

SEの仕事で数学は使わない

システムエンジニアの仕事で、高等な数学能力が求められることはありません。これは上述した通り、国内最大手のSIer(システムインテグレータ)が、文系卒を大量採用することからも明らかです。

大学時代の経験を見ている

新卒のシステムエンジニア採用では、大学時代に学んだITスキルや技術知識より、どんな経験をして何をしてきたかを見ています。特にヒューマンスキル(対人間関係能力)が重要です。

詳しくはこちらにまとめてみました。

SEの基礎は新人研修でOK

新卒でシステムエンジニアになる場合、システム開発の基礎は、新人研修で学べます。そのため、数学が得意でも苦手でも、理系でも文系卒でも、同じスタートラインに立てるので安心です。

新入社員研修は3ヶ月

自身の新卒時代をふりかえると、新入社員研修は3ヶ月でした。この期間にシステム開発の基礎はもちろん、社会人に必要なスキルを身に付けていきます。因みに数学を使うことはありません。

新卒が優遇される一方、中途採用(第二新卒を除く)は即戦力を求められます。そのため、転職でシステムエンジニアになるには、独学やオンラインスクールなどで、基礎を身に付けておくことが必要です。

因みにシステムエンジニアとプログラマーは似て非なるもの。両者の違いがよくわからないという人は【徹底比較】システムエンジニアとプログラマーの違い【元SEの視点】を参考にしてみてください。

SEはスキルより経験が重要

SEに求められるスキルは…

  • コミュニケーション
  • マネジメント
  • リーダーシップ
  • ロジカルシンキング

システムエンジニアの仕事は、スキルより経験が生きる仕事です。そのため、数学能力より対人能力が優れている方が有利。一方、プログラマーは経験も大事ですが、プログラミングスキルが必須の職業になります。

SEに必要なのは数学より論理的思考力

SEは数学より論理的思考力が必要です。

  • システムを矛盾なく組み立てる
  • 関係者調整で矛盾なく説明する

システムエンジニアに論理的思考力(ロジカルシンキング)が求められるのは、システムを設計するときに、論理立てて矛盾なく組み立てておかないと、あとで破綻してしまうからです。

やり直しのインパクト大

システム開発は「要件定義」→「設計」→「製造」→「試験」と進み、後工程になればなるほど、そのリカバリーが難しくなります。納期順守のため、後半でやり直しになると炎上確定。これを避けるには、初めからロジカルに考えることが重要です。

もう1つは関係者調整で役立ちます。

顧客とプログラマーを動かす

SEは顧客とプログラマーを動かす仕事が多いです。その際、論理的に説明できると相手に納得してもらいやすく、資料作成、プレゼン、打ち合わせなどでも役立ちます。

自分が新人研修を終えて、初期配属されたとき、先輩から「ロジカルシンキング」の本を渡されました。当時はよくわからないまま読んだものの、今考えるとSE入門編だったと気づけます。

SEに必須なのはコミュニケーション力

SEは数学よりコミュ力が必須です。

自身の経験上、システムエンジニアは話せれば何とかなる、そう考えています。とにかく人と関わることが多く、コミュニケーションスキルなしで仕事をするのは厳しいです。

SEは人相手・PGはパソコン相手

システムエンジニアとプログラマーは、ごっちゃになりやすいのでご注意ください。SEは人相手の仕事が多く、PGはパソコン相手の仕事が多いです。ずっとパソコンをカタカタするのは、SEではなくPGになります。

SEには得意分野を生かせる職種がある

SEには得意分野を生かせる職種があります。

数学が苦手なSEキャリア(案)

  • ブリッジエンジニア
  • Webエンジニア
  • ITコンサルタント

元SE視点で3つのキャリアを挙げてみました。ブリッジエンジニアは語学、Webエンジニアはデザイン、ITコンサルタントは経営学がそれぞれ生かせるSEです。ご参考までに。

ブリッジエンジニア

生かせること:英語、中国語など

ブリッジエンジニアは、海外企業とのやり取りをサポートするSEです。中国、インド、ベトナムなどと進めるオフショア開発や、海外ベンダーの製品利用、自社の海外進出など、グローバルなプロジェクトで活躍します。

Webエンジニア

生かせること:デザイン、心理学など

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションに特化したSEです。利用者目線で考えることが求められ、デザインスキルや心理学が生きます。数学に強い理系よりも、美術などに強い文系が向いているかもしれません。

ITコンサルタント

生かせること:経済学、経営学など

ITコンサルタントは、顧客の経営課題をシステムで解決する、プロフェッショナルSEです。システム開発だけでなく、ビジネスにも精通している必要があり、経済学や経営学を生かせる、文系卒が有利でしょう。


以上、

SEに数学が苦手でもなれる理由でした。システムエンジニアは資格がなく、理系や文系に関わらず、誰でも挑戦できる職業です。IT分野での経験は、将来的にも役立つことも多く、個人的にもおすすめします。

ただ、SEになるのもIT業界で働くのも、人生の通過点の一つ。どんな人生にしたいか、どんなキャリアを歩むかも考えておくと良いでしょう。人生に悩んだらプロに相談するのもありです。

» POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア):【無料相談あり】キャリアコーチングでどう生きたいかを決める