Written by Yasusu

【体験談】システムエンジニアでやりがいを感じた瞬間【ここだけの話】

SYSTEM ENGINEER

SEを目指している人「システムエンジニアのやりがいってなんだろう。どんな時にやりがいを感じるのか、SEの人から本当のところを聞いてみたい。」

こんな人向けに書いてみました。

本記事ではSE歴10年の自分がやりがいを感じた瞬間についてまとめております。どちらかというと、やる気のない社員だったので、やりがいよりも心が折れることや、将来に不安を感じることが多かったです。

このあたりも嘘偽りなく本心で書いています。これからシステムエンジニアになる人はもちろん、今やりがいを感じられていないSEの人に、少しでも参考になれば幸いです。

目次

自身の経歴をお伝えすると「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「ニート3年」→「派遣で末端SIer」→「システムオペレーター5ヶ月」→「フリーランス」です。

元SEが語るここだけの話。<(_ _)>

システムエンジニアでやりがいを感じた瞬間【体験談】

SEでやりがいを感じた瞬間です。

  • 自己成長:プロジェクト完遂の達成感
  • 仲間意識:チームが一つになった瞬間
  • 存在価値:社内外の人から頼られた時

もっとも印象深い3つの瞬間を挙げてみました。システムエンジニアの10年間をふりかえると、やりがいを感じたのは「自己成長を実感したとき」「仲間と頑張っているとき」「人から必要とされているとき」のケースがほとんどです。

どんな体験だったかを見ていきます。

プロジェクト完遂の達成感

やりがい → 自己成長を実感したとき

システムエンジニア2年目の頃、課長と2人で進めた小規模案件にて、初めてプロジェクト完遂の達成感を味わいました。自分でやった!という気持ちから大きなやりがいを感じたのを覚えています。

指示通りやる仕事はつまらない

その以前にもプロジェクト完遂を経験していました。ただ、新入社員で途中から入った、先輩の指示通りにやるだけ、組織が大きくて何をやってるかわからない、そんな理由から達成感もやりがいもなかったです。

自己成長を実感できる仕事とは…

  • 指示でやる仕事 → やりがいなし
  • 考えてやる仕事 → やりがいあり
  • 小さな仕事 → やりがいなし
  • 大きな仕事 → やりがいあり

右も左もわからない新入社員であったとしても、上司や先輩の指示通りにやるだけの仕事はやりがいがなく、逆にまるっと任せてもらえた大きな仕事はやりがいがあるもの。それは自己成長を実感できるからです。

チームが一つになった瞬間

やりがい → 仲間と頑張っているとき

システムエンジニアは、仲間たちと一緒に頑張る、チームプレーの仕事です。みんなで苦労を分かち合いながら、一つのことをやり遂げたとき、大きなやりがいや喜びを感じられます。

仲間と一緒なら楽しい

先輩と2人で炎上プロジェクトに助っ人で行ったとき、完全なアウェイ環境で仲間意識が生まれました。仕事はキツいのになぜか楽しい、そんな不思議な状況だったのを覚えています。

その後、2人から30人くらいまで増え、10年間で最高のチームが完成しました。自分は会社つながりの友人が少ないものの、この時のメンバーだけは退職した今でも仲良しです。

会社で孤独を感じたことはありますか?

自分も何度か経験していますが、孤独状態でやりがいを感じるのは難しいでしょう。人がやりがいを感じるとき、そこには最高の仲間がいる、最高のチームがあるはずです。

社内外の人から頼られた時

やりがい → 必要とされているとき

システムエンジニアのやりがいで一番身近なのが、顧客やチームメンバーから頼られたときです。自分の存在価値や必要とされていることがわかり、この仕事をやってて良かったと感じられます。

感謝されると嬉しい

SEはシステム開発のマネージャーポジションで仕事をするため、クライアント、プログラマー、他チームなど、たくさんの人から相談されます。その悩みを解決すると感謝され、単純なんだけどとっても嬉しいです。

ここまでの内容をおさらいすると…

SEでやりがいを感じた瞬間

  • 自己成長を実感できたとき
  • 仲間と一緒に頑張ったとき
  • みんなから感謝されたとき

システムエンジニアでやりがいを感じる魅力【一般論】

SEでやりがいを感じる魅力です。

  • お金:平均より給料が高い
  • 経験:ものづくりの楽しさ
  • 技能:ITスキルが身に付く

一般的にこの3つがよく挙がります。

平均より給料が高い

やりがい → お金がいっぱい貰える

システムエンジニアの給料は高いです。国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、SEが働く情報通信業の平均年収は「599万円」となっており、全業種の平均年収「436万円」より150万円以上も高いことがわかっています。

給料がやりがいに繋がる

システムエンジニア3年目の頃、一緒のチームだった先輩に「お金がやりがい」という人がいました。残業が大好きで、残業ありきで生計を立てており、給料を高くすることコミット。そんな働き方をしていたのを覚えています。

お金はやりがいに繋がるシンプルな理由です。お金が全てでないことは確かですが、給料が高ければ大変でも頑張れるのも確かでしょう。実際、自分が10年続けられたのは、給料が良かったからです。

SEの給料実態はこちら

ものづくりの楽しさ

やりがい → 楽しい経験ができる

システムエンジニアは、ものづくりの楽しさを経験できます。また、世の中にある身近なシステムに関わっており、社会貢献や大きなことをしている実感も、SEならではのやりがいです。

自身の経験をふりかえると…

  • 大手アパレル企業のECサイト立ち上げ
  • 大手百貨店の通販システムの運用保守
  • 大手通信業の位置情報サービスの構築
  • 大手流通業の新規Webサービスの構築

などなど。

誰もが知っている有名企業と、何度も一緒に仕事をさせていただきました。ただ、大規模プロジェクトになるほど、全体像が掴みにくく、自分のコントロール範囲も狭くなるため、ものづくりの楽しさを経験するなら小規模案件がおすすめです。

ITスキルが身に付く

やりがい → スキルアップできる

ITスキルが身に付くことも、システムエンジニアのやりがいの一つ。情報社会でほぼ必須のスキルが、仕事を通じて身に付くのは大きな魅力です。転職やキャリアを進める上で、有利になることも多いでしょう。

ただ、自ら進んで勉強しないと、市場価値は上がりにくいです。自身も一定のITスキルは身に付いたものの、勉強をサボってしまったため、市場価値が上がりませんでした。キャリアアップを考えるなら独学は必須です。

こちらもよかったら参考にどうぞ。<(_ _)>

ここまでの内容をおさらいすると…

SEでやりがいを感じる魅力

  • 周りよりも給料をいっぱい貰える
  • ものづくりの楽しさを経験できる
  • スキルが身に付きやすい環境あり

システムエンジニアでやりがいを感じない時【苦労話】

SEでやりがいを感じなかった体験談です。

主に苦労話になります。過去の自分に伝えたいのは、困難を乗り越えた先に成長があること、考えて行動することが大切であること。当時、この考えが持てれば、やりがいを見出したり、トラブルを回避できたと思います。

  • 個人に対するクレームが届く
  • 先輩に巻き込まれて怒られる
  • 暇すぎて何もやることがない

今でも覚えている、ネガティブな思い出。

個人に対するクレームが届く

やりがい → それどころじゃない

システムエンジニア2〜4年目くらいに何度かあったのが、会社ではなく個人に対するクレームが届いたこと。主に協力会社からのクレームで、自身の丸投げによる弊害でした。人間関係のトラブルはきつい…

SIer業界の丸投げについて

SIer(システムインテグレータ)業界は、ピラミッド構造となっており、泥臭い業務(主にプログラミングなど)を外注することが多いです。ただ、ここで無責任に仕事を投げすぎると、自分のようなトラブルが起こります。

具体的には、発注者の自分が任せるだけ任せて、さっさと帰ってしまうイメージです。受注側からすると、俺らがこんなに頑張ってんのに、あいつだけ楽しやがってふざけんな!とトラブルになります。

しかも楽してる方が給料が高い…

自分が巻いたタネなんですが、普通に無視されたり、ブチギレらたこともあります。上流SEに大切なのは、協力会社の働きやすい環境を整えること。信頼関係を築けないと、やりがいどころじゃありません。

先輩に巻き込まれて怒られる

やりがい → マイナスまで下がる

これもSE若手時代ですが、先輩に巻き込まれて、顧客に激怒されたことがあります。先輩がつくった資料の説明をお願いされ、引き継ぎも曖昧なまま打ち合わせに行ったら、フルボッコにされました。

先輩でも断ることが必要

仕事を受けてしまった自分がダメ。当時、プロジェクトに入ったばかりで、顧客の顔と名前もわからないどころか、会ったことすらなかったのに、強引にお願いされて受けてしまったのです。断らなかったことを深く反省しています。

時効なのでぶっちゃけると…

こういう人に限って上司へのゴマスリがうまいんですよね。仕事ができる感じはなかったものの、残業大好きで頑張ってます!のアピールは得意で、昇進も早かったです。ただの愚痴になっちゃってごめんなさい。

暇すぎて何もやることがない

やりがい → 腐っていくのがわかる

最後はシステムエンジニア10年目の話です。これも時効なのでぶっちゃけますが、クライアント先に業務委託で常駐してた頃、ものすご〜く暇な時期が6ヶ月くらい続きました。

これがキツかった理由は…

  • クライアント先で自由が利かない
  • 仕事やってる風に見せる必要あり
  • 時計を見ても1分しか経ってない
  • 定時がくるまでひたすら地蔵状態

もちろん仕事もしてましたが、割合的には仕事2割、地蔵8割くらい。これで年収800万だったので、うらやましー!とよく言われますが、暇すぎて何もやることがないのは、想像以上にキツいです。

窓際族を経験して退職を決断

自分はこの仕事をしている期間に、会社を辞めることを決断しました。やる気もそこまでなく、昇進ルートからも外れ、このまま窓際族を続けても腐っていくだけと気付いたから。やりがいも皆無です。

システムエンジニアでやりがいを感じるには【まとめ】

最後にまとめとメッセージです。

システムエンジニアに限らず、やりがいを感じながら働くには、自分で考えて行動することが大切です。その仕事を通じて、どのくらい成長できるか、どんなスキルが身に付くか、自己成長がポイントとなります。

会社は自己成長に利用する

会社員10年で辞めた自分の気付きは、会社はお金を貰うところではなく、自己成長のために利用するところ、この意識が重要ということ。新入社員に戻れるなら、この意識でもう一度チャレンジしたいですね。

詳しくはこちらにも書いてみました。


以上、

システムエンジニアのやりがいについてでした。これからSEになる人、今やりがいを感じられていないSEの人は、会社のためではなく、自分のために働くことを意識して、SEライフを楽しんでほしいです。

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。ご質問などがあれば、Twitterよりお知らせください。

システムエンジニアを目指す人へ

  • ミイダス:市場価値をチェックできる転職アプリ・自己分析やスキルの棚卸しから始めてSEを目指す人向け
  • ポジウィルキャリア:無料相談ありの転職エージェント・プロのキャリアコーチングを受けてSEを目指す人向け
  • DMM WEBCAMP PRO:転職保証付きのプログラミングスクール・基礎スキルを身に付けてSEを目指す人向け
  • ヒューマンアカデミー:講座数900超えのキャリアアップ最大手・IT講座を受けてからSEを目指す人向け