WordPressのマルチサイト設定!そのデメリットとは?

WordPressのマルチサイト設定!そのデメリットとは?

WordPressのマルチサイト設定について
反省と勉強がてら、まとめてみました。

マルチサイトとは何なのか?
マルチサイトのメリット、デメリットは?
マルチサイトの設定方法は?

自分は勢いでマルチサイト設定してみたものの
使いこなすことができないまま、シングルサイトに戻すという
すご〜く悲しい状況になってしまいました。

同じ思いはさせません! (。+・`ω・´)キリッ

WordPressのマルチサイト設定を元に戻すの巻



目次

WordPressのマルチサイト設定について

1. マルチサイトとは
2. マルチサイトのメリット
3. マルチサイトのデメリット
4. マルチサイトの設定方法
5. 導入失敗の要因

1. マルチサイトとは

WordPressにおけるマルチサイトとは、
1つのドメインで複数サイト構築できる機能です。
※サーバ、データベース、ネットワーク等も1つ

こんなイメージ。
ドメイン:yuyujin-yasusu.com
サイト1:yuyujin-yasusu.com/site1
サイト2:yuyujin-yasusu.com/site2
サイト3:yuyujin-yasusu.com/site3
・・・

自分はこのドメインが1つで良いというところに
最大の魅力を感じ、即マルチドメインを導入!

ドメインが増えれば増えるほど、
お金も掛かるし、管理も大変になると思い、、、

▲ TOPへ戻る

2. マルチサイトのメリット

サイトの管理が楽チン
1つのWordPress上で複数サイトを管理することが可能になります。
ここが最大のメリットで、新しいサイトを立ち上げる時も、
次のような手間の掛かる作業を省略することができます。

・サーバの設定
・データベースの設定
・WordPressのインストール
・テーマの設定、編集
・プラグインの導入

コンテンツが増えてSEOで有利
1つのドメイン配下に複数サイトを構築するので、
必然的にコンテンツのボリュームが増えます。
これによりドメインパワーがアップし、
検索エンジンからの評価が向上するという流れです。

▲ TOPへ戻る



3. マルチサイトのデメリット

プラグインに使えないものがある
プラグインによっては未対応で使用できないものがあります。
キャッシュ制御で有名な「WP Fastest Cache」等が該当します。

全サイトでリスクを共有
これはSEOで有利であるというメリットの裏側。
裏を返せば、1つのサイトのたった1つのコンテンツで、
「著作権侵害」や「規約違反」によるペナルティを受けた場合、
全サイト(1つのドメイン)にダメージを受けてしまうからです。

▲ TOPへ戻る

4. マルチサイトの設定方法

マルチサイトの設定方法を簡単にまとめます。
戻し方はこちらを参考にしてください。

1. wp-config.phpの編集
「wp-config.php」にマルチサイトを使いますよ!
というコードを追加します。

<wp-config.php修正前>
define('WP_DEBUG', false);
<wp-config.php修正後>
define('WP_DEBUG', false);
define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

2. ネットワークの設定
WordPressの管理画面にログインすると、
ツールメニューの中に「ネットワークの設置」が増えてます。
これをポチッと押して初期設定を済ませましょう。
これでマルチサイトのインストールが完了します。

3. wp-config.phpと.htaccessの編集
インストールが完了したら次は設定です。
「wp-config.php」と「.htaccess」を編集します。

<wp-config.php修正前>
define('WP_DEBUG', false);
define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);
<wp-config.php修正後>
define('WP_DEBUG', false);
define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);
define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', false);
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', 'yuyujin-yasusu.com');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);
<.htaccess修正前>
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress
<.htaccess修正後>
# BEGIN WordPress
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?wp-admin$ $1wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ - [L]
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(wp-(content|admin|includes).*) new-wp/$2 [L]
RewriteRule ^([_0-9a-zA-Z-]+/)?(.*\.php)$ new-wp/$2 [L]
RewriteRule . index.php [L]
# END WordPress

4. サイトを追加
設定は完了しましたので、
WordPressの管理画面に再度ログインし、
サイトを追加することでマルチサイトを利用できます。



5. 導入失敗の要因

ここまで苦労して導入したマルチサイト設定を
元に戻したわけですが、その要因は何だったのか
自分なりに分析してみました。

① サイト構成の考慮不足
サイトの全体構成をよく考えていなかったため、
サイト間に次のような相違点が発生し、
逆に管理が煩雑になる状況となってしまいました。

・サイトの運営期間が異なる
 特定のサイトのみを終了させるときに、
 誤って運営中サイトのコンテンツを削除しないように
 細心の注意が必要となる。また、消しきれないものが
 ゴミデータとして残ってしまい、リソースの無駄が発生する。

・サイトの内容が異なる
 コンテンツの内容のみならず、コンセプトが異なる場合、
 個々のサイトに適用したい内容が全体に影響してしまい、
 独自性を出す上で足かせとなってしまう。

② プラグイン利用におけるミスマッチ
マルチサイトに未対応のプラグインがあるということを
把握しないまま導入してしまったため、導入時に初めて
使えないことに気づくということが多々あり、
その柔軟性のなさがミスマッチとなりました。


マルチサイトを使ってみて思ったのは、
「上級者用の機能である」ということ。
ひよっこの自分にはまだ早かったです 笑