[FEG]ドラガリアの30分前にサービス開始!苦し紛れの一手は悪手?

[FEG]ドラガリアの30分前にサービス開始!苦し紛れの一手は悪手?

ファンタジーアースジェネシス(FEG)が、2018年9月27日(木)15:30にサービス開始しました。

正確な開始時間は、もともと非公開のまま、大型RPG「ドラガリアロスト」のサービス開始時間16:00の30分前に苦し紛れの一手を打ってきました。

これが完全に悪手でした。ドラガリアの後なら触れるだけの人を避けられたと思いますが、時間があるからとインストールしてみた人から総叩きにあってます。

βテストの結果から、遅かれ早けれこうなるとは思ってましたが、自ら寿命を縮めたと言っても過言ではありません。



好きな国家を選べない

前日の生放送で発表した通り、国家間の強制人数調整を導入したため、ケムダーヴ国民になれない難民が続出しています。

自分の気に入った盟主や参謀のいる「好きな国家」を選べない時点で、モチベーションが低下するのはわかっていたことで、見事に炎上しました。

開始直後に始めて、チュートリアル全スキップでも、ケムダーヴに制限が掛かっていました。夜から始める人は、確実に無理だと思います。

職業選択後のガチャで爆死

無事、国家の登録を済ませても、次はガチャでの爆死が待っています。

5つの職業(ソルジャー、ストライカー、ハンター、アサシン、ウィザード)から1つ選択した後に、チュートリアルで11連ガチャを1回引けます。その後、事前登録報酬でもう1回11連が引け、計22連のガチャが引けます

だが!しかし!

全職業の闇鍋ガチャであるため、選んだ職業の装備が出ないこともしばしば。まさかのやりたい職業で始められないという事態が発生します。

これもβテストで十分すぎるほどわかっていたこと、数多の意見があったはずなのに放置した結果でしかありません。



グラフィックがウケない

原作FEZのコピーでつくられたグラフィックが、古すぎ、可愛くない、ダサいなど、猛烈な批判を受けています。天下のスクエニ殿が監修しながら、この完成度は確かにツッコミどころしかありません

FEZは2006年にサービス開始したゲーム、つまり10年以上も前のもの、コピーしてくる時点で、誰もNGを出さなかったのが不思議でなりません。

通信エラーが多発

当然のように通信エラーが多発し、まともにゲームできる状況ではありません。

勢いよく、ドラガリアの30分前に開始してみたものの、すぐさま停止でユーザーの大移動は避けられません。

そもそも戦いを挑むこと自体がナンセンスで、裏側でひっそり開始した方が救いようがあったと思います。

まとめ

主に所管のまとめです。

予想通りの結果

この結果は、予想通りすぎました。

最初に気づいたのは、リリース予定の完全無視からリリース延期した時です。当初、2017年今冬と発表していたところ、2018年3月26日(冬ではなく春です)まで沈黙を貫き、2018年秋と発表しました。

詳しくはこちらにまとめてます。

[FEG]リリース予定を大幅変更?約半年の沈黙がついに破られた!

次に気づいたのは、βテストの完成度を見た時です。テスターから総叩き、もはや1から作り直すレベルだったにも関わらず、強引にサービス開始してしまいました。

βテストの感想はこちら。

[FEG]クローズドβテストで満足?良いところ悪いところの感想!

おそらく、一度延期しているため、再延期できなかったのだと思いますが、小さな問題を2、3解決したところで、ゲームの根幹は変わらず、ユーザーの求めている状態にはなりません。



ロードマップは時すでに遅し

12月(3ヶ月後)に建築システムを導入予定で、原作FEZのように戦略性を高めるそうですが、このステップは不要の一言です。

なぜなら、この時には、プレイヤーは数えられるほどしか残っていないから。最初が肝心なスマホゲームにおいて、原作プレイヤーを始め、多くの人は呆れるどころか、即アンインストールでもう戻ってこないと思います。

ドラガリアロストへ大移動

先手を打ったはずが完全な悪手で、ドラガリアロストへの大移動は避けられないでしょう。

ゲームやる気満々で今日を楽しみにしていた人は、FEGの酷さに失望し、ドラガリアロストを始めるのではないでしょうか。少なくとも、通信エラーは起こらず、綺麗なグラフィック、高い操作性など、比較にならないほどの差があります。


個人的な予想ですが、確実に1年は持たないと思います。2018年内か、2018年度内、見切りが早ければ、1ヶ月以内もあるかもしれません。

ファンタジーアース ジェネシス(FEG) | SQUARE ENIX