Written by Yasusu

【解説】システムエンジニアがお金持ちになる方法【2000万の壁とは】

SYSTEM ENGINEER

お金持ちになりたいSEさん「このままシステムエンジニアとして働き続けたら、いつかお金持ちになれるだろうか。昇給は微々たるものだし、やっぱり転職しなきゃダメなのかな。」

こんな人向けに書いてみました。

自身はシステムエンジニアとして10年働き、当時の年収は800万(30代前半)ほど。周りよりは貰っているものの、お金持ちと呼べるレベルではなく、漠然とした不安や不満があったのを覚えています。

結論をお伝えすると、年収1,000万なら業界トップの大手企業に入れば達成可能です。ただ、年収2,000万を超えるには、会社役員になるか、副業収入を得るか、独立するかに絞られます。

どのくらいのお金持ちを目指しますか。

目次

自身の経歴

「新卒で国内最大手SIer」→「システムエンジニア10年」→「ニート3年」→「派遣で末端SIer」→「システムオペレーター5ヶ月」→「フリーランス」

現在はFIREを目指して奮闘中です。
SEのリアルをお届けします。(`・ω・´)ゞ

システムエンジニアはお金持ちなのか?【全体平均以上】

仮にお金持ちの定義を「周りよりたくさんお金を貰っている」とするならば、多くのシステムエンジニアはすでに達成していることになります。

国税庁によると…
民間給与実態統計調査

  • 情報通信業:599万円(3位/14)
  • 全業種  :436万円(14業種平均)

システムエンジニアが働く、情報通信業の平均年収は「599万円」で、全業種の平均年収「436万円」より150万円以上も高く、SEの給与水準が高いことがわかります。

情報通信業の年収分布

年収 情報通信業 全業種
100万円以下 1.7% 8.7%
200万円以下 4.2% 14.1%
300万円以下 8.9% 14.9%
400万円以下 14.5% 16.9%
500万円以下 18.0% 14.6%
600万円以下 14.4% 10.1%
700万円以下 11.3% 6.5%
800万円以下 7.7% 4.4%
900万円以下 5.5% 2.9%
1,000万円以下 3.9% 1.9%
1,500万円以下 7.1% 3.5%
2,000万円以下 2.0% 0.8%
2,500万円以下 0.4% 0.2%
2,500万円超え 0.3% 0.3%

情報通信業の年収分布をみても、明らかに全業種より高いです。したがって、システムエンジニアの時点で「周りよりたくさんお金を貰っている」ため、ある意味ではお金持ちと言えます。

システムエンジニアがお金持ちになる!【1,000万超え】

お金持ちの定義を「年収1,000万超え」と考える人も多いでしょう。システムエンジニアが働く、情報通信産業の1,000万超えは、全体の9.8%となっており、10人に1人くらいの割合です。

SEの年収1,000万クラスは…

  • 大手企業の一般社員
  • 上場企業の管理職

システムエンジニアで年収1,000万を超えるには、業界トップの大手企業に勤めるのがもっとも確実です。自身が勤めていた企業だと、課長で1,000〜1,200万、部長で1,200〜1,400万でした。一般社員でも50代で超えてきます。

平均年収1,000万超えのIT企業

名称 平均年収 カテゴリ
野村総合研究所 1,225万 SIer
ジャストシステム 1,145万 ソフトウェア
ビジョナル 1,117万 Web
Zホールディングス 1,079.5万円 Web
日本オラクル 1,069万 ソフトウェア
電通国際情報サービス 1,049万 SIer
三菱総合研究所 1,009万 SIer

これらの企業では、平均年収が1,000万超えのため、一般社員でも1,000万クラスになります。また、平均年収が800万以上なら、管理職なら1,000万を超えますし、一般社員でも50代には1,000万を突破するでしょう。

IT企業の年収はこちら

ここまでの内容をおさらいすると…

SEでお金持ち(年収1,000万)

  • 平均年収1,000万の企業に勤務する
  • 平均年収800万以上の企業で昇進する

システムエンジニアで年収1,000万を目指すなら、リクルート運営のハイクラス転職「キャリアカーバー」や、外資系やグローバルのハイクラスに強い「Samurai Job」を利用すると良いでしょう。

システムエンジニアがお金持ちになる!【2000万超え】

お金持ちというからには、年収2,000万超えでしょ、1,000万じゃものたりない、そんな人は更なる高みを目指すことになります。情報通信業の年収2,000万超えは、わずか0.7%で100人に1人もいません。

SEの年収2,000万クラスは…

  • 会社役員
  • 会社員 + 副業収入
  • フリーランス or 経営者

会社員SEで年収2,000万を超えるのは不可能です。唯一、会社役員なら役員報酬ありで到達できます。それ以外は副業収入を得るか、フリーランスや経営者として独立するかです。

会社役員になる

難易度:★★★★★(超むずい)

システムエンジニアとして働き、一般社員から管理職を経て、役員まで辿り着くのは、ほぼ不可能です。これは社員数と役員数を比べれば、現実的ではないことがわかります。

転職でのキャリアアップは必須

役員到達には転職が必須です。その理由は日本の企業に年功序列が残っているから。どれだけ優秀な人材でも飛び級の昇進はレアケースです。そのため、転職でキャリアを早めるのが役員への近道になります。

元同僚にベンチャーの取締役まで上り詰めた人がいます。彼は大手SIerのSE(一般社員)から、外資系のITコンサル(管理職)を経て、30代半ばでベンチャーの会社役員に到達しました。キャリアアップ成功例の一つです。

副業収入を得る

難易度:★★★☆☆(むずい)

システムエンジニアで年収2,000万超えを目指すなら、副業収入を得ることがもっとも現実的かもしれません。近年は副業ブームの到来や、仮想通貨バブルも起きており、お金持ちがたくさん登場しています。

副業で稼ぎやすいスキル

  • プログラミング
  • デザイン
  • ライティング
  • マーケティング
  • 動画編集・語学 など

SEと関連性が高いのは、プログラミングです。既にスキルのある人は「Midworks」や「Engineer-Route」を利用して、案件を探してみると良いでしょう。

独立する

難易度:★★★★☆(かなりむずい)

フリーランスや経営者として独立することでも、年収2,000万クラスのお金持ちを目指せます。副業収入が増えてから、独立を考える人も多いです。

お金持ち&時間持ち

自身もSEとして10年働き、そこからフリーランスになりました。独立のメリットは、お金持ちを目指せるだけでなく、時間持ちにもなれるところ。自由が最大の魅力です。

ここまでの内容をおさらいすると…

SEでお金持ち(年収2,000万)

  • 会社役員になる(難易度:超高い)
  • 副業収入を得る(難易度:高め)
  • 独立する   (難易度:高い)

お金持ちになりたいならプログラマー?【SEとの違い】

最後にまとめつつ考察です。

システムエンジニアとして10年働いた経験上、お金持ちになりたいなら、SEよりプログラマーになることをおすすめします。ただ、到達したいレベルで変わるため、以下を参考にしてください。

  • 年収1,000万クラス → SE(会社員)
  • 年収2,000万クラス → PG(フリー)

システムエンジニアでお金持ちを目指す場合、現実的なのは大手企業の管理職まで、年収1,000万クラスで頭打ちとなります。また、マネジメント特化のSEは、副業での需要がなく、収入を伸ばしにくいのも難点です。

一方、プログラマーでお金持ちを目指す場合、フリーランスや経営者で2,000万クラスを目指せます。プログラミングができると、副業しやすいのもメリットで、収入を伸ばしやすいです。

SEはキャリアに注意

SEはキャリアにご注意ください。自身がそうだったように、マネジメント系に進むと、余剰人材になるかもしれません。将来性があるのはスペシャリストです。ここをミスるとお金持ちどころか、職を追われる可能性すらあります。

もっと詳しく!という人はこちら。

お金持ちになるなら、SEよりプログラマーをおすすめします。SEの道を歩むなら、AIエンジニアや、IoTエンジニアなど、先端型IT人材になりましょう。お金持ちになれるかは置いといて、将来的に活躍できることは確実です。

スキルアップを目指す人へ

  • SAMURAI ENGINEER:【無料体験レッスンあり】挫折しないプログラミングスクール・初心者も安心のマンツーマン
  • ヒューマンアカデミー:【キャリアアップ大手】AI入門講座・はじめてのPython講座・IoTエンジニア総合講座など

以上、

SEがお金持ちになる方法でした。

おさらいすると…

SEでお金持ち(年収1,000万)

  • 平均年収1,000万の企業に勤務する
  • 平均年収800万以上の企業で昇進する

SEでお金持ち(年収2,000万)

  • 会社役員になる(難易度:超高い)
  • 副業収入を得る(難易度:高め)
  • 独立する   (難易度:高い)

システムエンジニアでお金持ちになる場合、1,000万クラスなら「大手企業に勤める」のがもっとも確実です。2,000万クラスを目指すなら、スキルを身に付けて、副業収入を得るか、独立するかが現実的な選択肢となります。

お金持ちの人生を歩もう♪

お金持ちを目指す人へ