イモトの登山経歴まとめ!七大陸最高峰制覇を目指してる?

イモトの登山経歴まとめ!七大陸最高峰制覇を目指してる?

イモトアヤコさんが、
2017年末から2018年に掛けて
南極大陸のヴィンソン・マシフの
登山に挑戦しました。ヾ(@°▽°@)ノ

これまで錚々たる数々の山々を
制覇してきたイモトさんですが、
今回も無事に登山を終えた模様。

お疲れ様です!
テレビ放送が楽しみ!

インスタ情報によると誕生日の
1月12日頃に日本に戻ってきたらしい。

・ #32歳になりました #精進したいとおもいます #すべりこみセーフ #結子さんありがとう #録画もありがとう

イモトアヤコ 公式さん(@imotodesse)がシェアした投稿 –

もともとエベレスト登頂が目標で
始まったイッテQ登山部ですが、
2014年に登頂断念してからは、
やや様子見状態が続いています。

それでも1年に1回は登山をして、
七大陸最高峰制覇も少しずつ
近づいてきてますね。

彼女の登山経歴と七大陸最高峰の
登頂状況を合わせてまとめてみました。



イモト(イッテQ登山部)の登山経歴

イッテQ登山部の発足は2009年。
そこから1年に1つずつ登山を
積み重ねてきてます。ヾ(@°▽°@)ノ

第1弾:2009年
キリマンジャロ(登頂成功)

記念すべき第1回目は、
アフリカ大陸最高峰の
キリマンジャロでした。

場所:タンザニア
標高:5,895m
登頂成功率:約50%


第2弾:2010年
モンブラン(登頂成功)

第2回目はヨーロッパの
アルプス最高峰モンブラン。
ヨーロッパ全体ではロシアの
エルブルス山に次いで2番目の高さ。

場所:フランス、イタリア(アルプス山脈)
標高:4810.9m
登頂成功率:約20%


第3弾:2011年
アコンカグア(登頂断念)

第3回目は南アメリカの
南米大陸最高峰アコンカグア。

ビエント・ブランコ(白い嵐)と
呼ばれるアンデス地方特有の悪天候に
見舞われ、初めて登頂失敗に終わる。

場所:アルゼンチン(アンデス山脈)
標高:6,960.8m
登頂率:約30%



第4弾:2012年
マッターホルン(登頂成功)

第4回目はアルプス山脈の
マッターホルンでした。

この山のシルエットを一度は
見たことがある人が多いでしょう。
あの山頂に立ったなんて本当に凄い。

場所:スイス、イタリア(アルプス山脈)
標高:4,478m
登頂率:約30%


第5弾:2013年
マナスル(登頂成功)

第5回目でヒマラヤ山脈に突入。
ヒマラヤ第1弾は世界第8位の
標高を持つマナスル。

場所:ネパール(ヒマラヤ山脈)
標高:8,163m
死亡率:約18%


第6弾:2014年
キナバル(登頂成功)

第6回目はマレーシア最高峰の
キナバル。女性芸人を含む5人で
登頂を目指し3人が登頂成功。

場所:マレーシア(ヒマラヤ山脈)
標高:4,095.2m
登頂率:高い


第7弾:2014年
エベレスト(登頂断念)

第7回目でついにイッテQ登山部が
最終目標とした世界最高峰エベレスト。

残念ながらエベレスト史上最悪の
雪崩事故が発生してしまい、
全ての登山チームが登頂断念。

エベレスト自体が閉山となりました。

場所:ネパール、中国(ヒマラヤ山脈)
標高:8,848m
登頂率:約50%
死亡率:約5%



第8弾:2015年
デナリ(登頂成功)

第8回目は北アメリカの
北米最高峰デナリ。
旧名はマッキンリー。

クレバスという雪や氷の裂け目に
落下する可能性のある危険な山。

植村直己をはじめとする
有名な登山家も遭難している。

場所:アメリカ
標高:6,190m
登頂率:約50%


第9弾:2016年
アイガー(登頂成功)

第9回目はスイスのアイガー。
アイガーの北壁は1,800mの岸壁で
アルプスの三大北壁と呼ばれている。

北壁ルートではなく、
現在最も登頂率が高い
東山稜ルートで見事成功。

あまりに事故が多いことから
登山前にクライミング技術を
試験され合格しなければならない。

場所:スイス(アルプス山脈)
標高:3,970m
死亡率:約18%


第10弾:2017〜2018年
ヴィンソン・マシフ

第10回目は南極大陸の
最高峰ヴィンソン・マシフ。

登頂成功したか否かは
テレビ放送待ち、待ち遠しい。

場所:南極
標高:4,892m


イモトの七大陸最高峰制覇

アジア大陸:
エベレスト:×(登頂断念)

ヨーロッパ大陸:
エルブルス山:-(未挑戦)
モンブラン:○(登頂成功)
※どちらのパターンもあるらしい

北アメリカ大陸:
デナリ:○(登頂成功)

南アメリカ大陸:
アコンカグア:×(登頂断念)

アフリカ大陸:
キリマンジャロ:○(登頂成功)

オーストラリア大陸:
コジオスコ:-(未挑戦)

南極大陸:
ヴィンソン・マシフ:△(挑戦済)

成功3、失敗2、未挑戦2。

イモトとイッテQ登山部でも
七大陸最高峰の登頂率は60%です。
相当難しいことがわかりますね。

これからも安全第一で元気に
挑戦し続けてほしいです。
いつも応援してます。ヾ(@°▽°@)ノ