鍵が回らない時はクリーナーでお掃除!開けるのが1分から1秒に?

鍵が回らない時はクリーナーでお掃除!開けるのが1分から1秒に?

鍵がささらない!回らない!部屋に入れない!

1人部屋の入り口で、ガチャガチャと開かない扉とバトルを繰り広げるのは、悲しく切なくもあり、時に怒りが頂点に達しそうになったりします。

ヾ(°∇°*) オチツケ

自分は8年程お世話になった住まいで、まさにこの出来事を体験しました。最初はちょっと引っかかるかなくらいだったのが、徐々に悪化していき、最後はささらないし、回らないという酷い状況に。

こんな時は、鍵穴を掃除してみることをおすすめします。

実際、自分は「鍵穴のクリーナー」と「鍵穴のクスリ」というアイテムで掃除をしてみたところ、開けるのが1分から1秒になりました。

今までの苦労は何だったんだと思うほど。

この劇的な改善には衝撃を受けました。

ヾ(@°▽°@)ノ

鍵の動きが重い、固いなど、違和感を感じた時は、鍵穴を掃除してみると良いでしょう。ただ、専用のクリーナーを使わないと、逆に汚れてしまったり、悪化することもあるので注意が必要です。

そして、先に結論を言ってしまうと、クリーナーだけで大丈夫です。クスリの方は、おまけと考えて良いと思います。

以下、鍵穴のお掃除体験記です。

良かったら読んでみてください。m(._.)m

鍵に関する勘違い

自分は8年間で一度も鍵穴掃除をしていませんでした。

今まで鍵が回らないという経験をしたこともなかったので、動きが悪くなってきても気のせいか、そのうち良くなるかなくらいで考えていました。

特に何度か鍵を紛失してしまい、マスターキーから再作成したこともあり、新しい鍵だから動きが悪いのだろうと、勝手に考えていました。

実はこれが大きな勘違い。

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

鍵と鍵穴が慣れるとか、そんなのはありません。

鍵穴の汚れが原因

鍵が回らない時は、鍵穴の汚れが主な原因です。

長年使用し続ける間に、少しずつ埃や塵などが溜まり、鍵がささらなかったり、引っかかったりするようになるのです。

そのため、鍵穴の汚れを取り除かない限り、この問題は永遠に解決せず、鍵が回りにくい状態が続きます。

(o;ω;o)ウゥ

潤滑油は絶対ダメ

自分がそうだったように、素人的な考えだと「動きを滑らかにする ≒ 油(オイル)」の方程式が思い浮かびます。これは典型的にダメなパターンで、絶対にやってはいけません。

鍵穴に油を入れると、そこに埃が付着して固まってしまい、滑らかになるどころか、より動きが悪くなってしまいます。最悪のケースだと壊れることもあります。



鍵穴のお掃除アイテム

自分は鍵穴のお掃除アイテム探しのため、ホームセンターに行ってみました。そこで発見したのがこの2つのアイテムです。

・鍵穴のクリーナー
・鍵穴のクスリ

どちらも「建築の友」さんから発売されています。

2つの違いがわからなかったので説明を読んでみると。

項目 鍵穴のクリーナー 鍵穴のクスリ
洗浄して汚れを落としたい
潤滑して動きを良くしたい

「鍵穴のクリーナーを使った後、鍵穴のクスリⅡを使うことで効果が長続きします。

(。 ・ω・))フムフム

自分は2つとも購入してみました。

クリーナーとクスリの効果

早速、鍵穴の掃除に取り掛かりました。
説明内容に従い、まずはクリーナーから。

  1. 鍵穴にクリーナーを注入
  2. しばらく待つ
  3. 鍵を差し込んで開け締め

鍵がすんなりささる!すんなり回る!
うぉー、すぐ部屋に入れる〜!

って大袈裟ですが、それくらい改善されました。
1分から1秒になったので感動ものです。

そして思ったのは「鍵穴のクスリ不要説」。
でも購入したのでクスリも一応試しました。

  1. 鍵穴にクスリを注入
  2. しばらく待つ
  3. 鍵を差し込んで開け締め

鍵が滑るようにささる!滑るように回る!
うぉー、一瞬で部屋に入れる〜!

ってな感じで、より滑らかになった気がします。
引っかかりとかは皆無でスルスル動きます。

ただ、余程滑らかな動きにしたいとか、極度の綺麗好きであるとか、こだわりがない限りは不要でしょう。クリーナーだけで十分です。

鍵穴の掃除には「鍵穴のクリーナー」がおすすめです。

より滑らかさを求めるなら「鍵穴のクスリ」もお試しあれ。

掃除機と鉛筆(参考)

こちらは参考情報です。

家にあるもので何とかしたいという人は、掃除機と鉛筆で対処することもできます。大手鍵メーカーさんも推奨するメンテナンス方法なので御安心ください。

  1. 掃除機で鍵穴の埃を吸い取る
  2. 鉛筆で鍵をなぞる

クリーナーの代わりが掃除機、クスリの代わりが鉛筆となります。多少の汚れであれば、掃除機で吸い取ることが可能で、鉛筆に含まれる黒鉛が動きを滑らかにしてくれます。2Bや3Bなど濃い色のものほど効果が高いです。

一時的な対処としては、この方法でも良いでしょう。


以上、

鍵穴のクリーナーでお掃除実践でした。

最後まで読んできただき、誠にありがとうございます。