Written by Yasusu

【経験談】奥手SEが合コンをきっかけに結婚した話【つながりが大事】

SYSTEM ENGINEER

奥手SEさん「システムエンジニアは合コンでモテるのだろうか。職場は男性ばかりで出会いもないし、このままだと結婚どころか、彼女もできる気がしない。やっぱり勇気を出して、合コンに参加した方がいいのかな。」

こんな人向けに書いてみました。

自身はシステムエンジニア歴10年です。入社して3年くらいは出会いもなく、ゲームとスノボーに熱中する日々でしたが、同期に誘われて行ったバーベキューから、少しずつ合コンに参加できるようになりました。

合コンをきっかけに結婚

ありがたいことに合コンをきっかけに結婚もできました。ただ、合コンで知り合った友人(男性)に誘われて参加した、イベントで出会った女性です。そして、つながりの大事さに気づきました。

本記事では合コンなんて疲れるし、家でゲームしていた方が楽しいと考えていた、自分のような人に合コンの楽しさやメリット、そして始めるコツなどをお伝えできればと、自身の経験をまとめております。

目次

自身の合コンデビューは、20代後半に入った入社4年目と、かなり遅めです。1つの飲み会をきっかけに、合コン仲間が増えていき、気づけば合コンを年間50回以上も主催する、チャラい風の奥手SEになってました。

そんな自身の経験が役立てば幸いです。

奥手SEが合コンを始めた理由

奥手SEの自分が合コンを始めたのは…

  1. 同期に誘われて参加
  2. 新しい出会いがある
  3. 誘われるようになる
  4. 主催するようになる

こんな流れになります。

今考えると最初のバーベキュー参加が大きかったです。誘ってくれた同期以外は、だ〜れも知らないイベントだったのですが、そこで出会った人とつながり、新しい人間関係ができました。

第一歩は合コンへの参加

まずは合コンに参加するのが第一歩です。そこには新しい出会いと気づき、そして新しい人生があります。とりあえず誘われたら、是が非でも参加しましょう。ぶっちゃけ、仕事より学べることが多いです。

合コンに誘われるには…

  • 合コン参加意思を伝える
  • 合コンに向けて準備する

合コンの参加意思を伝える

1つは周りに合コン参加意思を伝えておくことです。誘ってほしい、参加したい、行きたいと言っておくだけ。そして、声がかかったら絶対に参加します。そうすると、次回以降も声がかかるでしょう。

幹事をやると気付くのは、人集めの大変さです。特にドタキャンの穴埋めは大変で、そこにスッと入ってくれる人には大助かり。主催者を助けると、高確率で次につながります。

合コンに向けて準備する

もう1つは合コンに向けて準備しておくことです。合コンに参加する準備ができていないと、誘われたときに「仕事が忙しい」「予定がある」「面倒だな」と断りがち。そのため、合コン参加前の心構えが大切です。

  • 合コンで着る服を用意しておく
  • 髪型はいつもスッキリしておく
  • 自己紹介できるようにしておく

この3つを押さえると、第一印象はGoodになります。合コンのように限られた時間の中で、初対面の人と楽しく過ごすには、最初が超重要です。逆に考えると、最初だけ乗り越えられれば、あとはなんとかなります。

ポイントは服装も髪型も自己紹介も、すべて女性視線で準備すること。特に仕事はSEが伝わりにくいので、IT系でどんなシステムに関わっているかを説明する方が伝わりやすいです。ただ、機密保持にご注意ください。

奥手SEが合コンで成長した話

奥手SEの自分は合コンで成長しました。
(たぶん仕事でも生かされてるはず)

  • コミュニケーション力
  • マネジメント力
  • 企画力
  • 調整力
  • 協調性
  • 柔軟性
  • 気づかい
  • 自己アピール など

合コンでは対人スキルが磨かれます。

そのため、システムエンジニアに必要とされる、コミュニケーション力やマネジメント力を高めるのにぴったり。特に幹事をやると、成長速度がぐ〜んとアップします。合コンになれてきたら、幹事をやってみましょう。

幹事が一番モテるのか

これは賛否両論あります。個人的には一番モテるわけではないけど、一番デキる人に見られやすいです。少なくともマイナスではなく、プラスに働くことがほとんど。初めは失敗するけど、気にしなくて大丈夫です。

合コン幹事のお仕事は…

  1. 女性幹事を見つけて企画開始
  2. 日程・場所・人数を決める
  3. お店とメンバーを決める
  4. 決定内容を周知する
  5. 当日の簡単な進行をする
  6. 当日の支払いとクロージング

簡単に説明していきます。

①合コンの企画開始

合コンは女性幹事を見つけるところからスタート。合コンではなく、飲み会というキーワードでもOKです。自分は本命以外(恋人にはならなそう)の人は、全員声をかける勢いで企画してました。

②合コンの概要調整

女性幹事との概要調整です。まずは日程を決めて、場所(どこの駅にするか)と、人数(3:3〜5:5が多い)を決めます。基本的にクローズドクエスチョンです。「Yes or No」か、「候補1 or 候補2」で決定を促します。

③合コンの詳細調整

女性幹事との詳細調整です。お店はざっくり好みや苦手なものを聞いておき、あとは自分のセンスで選びます。食べログを使ったり、グルメな友人を頼るとGood。合コン幹事をやると、店に詳しくなります。

メンバー集めは企画後

男性メンバーは、企画後に集めます。少し多めに声をかけ、決まっちゃったらごめんと伝えておきましょう。参加者を集めてからの企画は、日程が合わない、人数が合わないなど、企画倒れになりやすいので、ご注意ください。

④合コンの開催周知

女性幹事と男性メンバーに周知します。

  • 日程:2021年8月1日
  • 時間:18:00〜20:00
  • 場所:◯◯(現地集合)
  • お店:https://xxx
  • 予算:△△円(男性メンバーのみ)
  • 備考:お店や料理の情報など

よっぽど場所がわかりにくいとかでない限り、お店に現地集合で良いでしょう。ただ、ヘルプがきたら、すぐ迎えに行きます。予算は男性メンバーだけに伝えておき、当日の感じで決めればOKです。

また、周知は事前に1回しておき、前日にもう1回送ります。明日はよろしく!の一報を入れるだけで、ドタキャンの可能性がぐんと減るのでおすすめです。

⑤合コンの当日進行

当日は簡単な進行をします。といっても、料理を注文したり、自己紹介を進めるくらい。あとは女性への質問力を高めておくと役立ちます。自分が頑張るのではなく、なるべく女性に話してもらいましょう。

⑥合コンのクロージング

合コンのクロージングは、連絡先交換と支払いです。自分はLINEグループを使ってました。幹事がグループをつくって、参加メンバーを招待するだけ。これで全員の連絡先をゲットとか便利すぎます。

奥手SEが合コンで結婚した話

奥手SEの自分が結婚した話です。

妻とは合コンで出会ったわけではないものの、合コンで知り合った友人とのつながりで、出会うことができました。合コンがつくる新しい出会いが、人生を豊かにしてくれた瞬間です。

奥手SEの結婚まで(実話)

  1. 合コンで友人の友人と知り合う
  2. 友人を合コンにお誘いする
  3. 友人が合コンでカップリング
  4. 友人がゴールイン・結婚する
  5. 友人がイベントに招待してくれる
  6. 自分が妻と出会いゴールインする

ちょっとややこしいですが…

自分が幹事をした合コンで、友人Hくんの友人Kくんと知り合い、その友人Kくんを次の合コンにお際したところ、見事カップリングし、そのまま結婚しました。

そして、今度は友人Kくんが招待してくれたイベントで、自分が妻と出会い、そのまま結婚することに。合コンがつないだ幸せの連鎖に、ちょっとした縁を感じました。

平凡な毎日から抜け出す

以前の自分のように、平日は家と会社の往復、そして週末は家でゲーム。そんな平凡な毎日から抜け出したいと考えている人は、新しい出会いと人生の変化を求めて、合コンに挑戦してみましょう。

» コンパde恋ぷらん|合コンセッティングサービス(登録無料・年会費無料)


以上、

奥手SEの自分が合コンをきっかけに結婚した話でした。合コンに参加すると、仕事とは異なる「人間的なレベルアップ」を実感できるでしょう。そして、その成長が人生に役立つことは、後で気づくはずです。

新しい一歩を踏み出そう♪

こちらも良かったらどうぞ