みまもり電池ってなに?MaBeeeみまもりサービスの口コミまとめ

マビーのみまもり電池とみまもりサービスについて
40代男性

親の見守りに「みまもり電池」はどうかな。電池交換だけなら手軽だし、親の負担も少なそう。みまもり電池について詳しく知りたい。

こんな人向けの情報となります。

みまもり電池は、スマホとつながる乾電池「MaBeee(マビー)」を用いた、家族みまもりサービスです。テレビのリモコンなどに電池を入れるだけで見守りを始められます。

本記事ではみまもり電池の特長や、実際に利用している人たちの口コミをまとめつつ、良いところや残念なところを整理してみました。また、親の見守りに導入できるかの視点でも考察しております。

プロフィール
  • アラフォーの末っ子長男
  • 両親がどちらも後期高齢者
  • 30代後半から親孝行スタート
  • 妻と一緒に実家近くに引っ越し
  • 見守りサービスを徹底調査中
お役に立てれば幸いです!
目次

みまもり電池ってなに?

みまもり電池
出典:ノバルス株式会社

電池を替える 家族がつながる

みまもり電池は、家電機器の使用状況から安否を確認する、高齢者向けの見守りサービスです。スマホとつながる乾電池、MaBeee(マビー)が使われています。

MaBeee(マビー)とは

ノバルス株式会社さんが開発したIoT電池ケースのことで、単4電池をセットして単3電池として使います。最初はミニ四駆などのおもちゃをコントロールする電池として登場しました。

やすす

MaBeeeは2019年にソフトバンクさんのみまもりサービスに導入され、現在はみまもり電池としても利用されています。

みまもり電池の特長

3つの特長がこちら。

  • 家電を使うだけで見守りできる
  • 専用機器や取付工事が必要ない
  • 親の生活リズムに合わせやすい

いつもの生活で使用している、家電を使うだけで良いところです。単3電池の代わりとして、リモコンに入れれば、すぐに見守りを始められます。

公式サイトでは…

  • テレビのリモコン
  • エアコンのリモコン
  • 寝室照明のリモコン
  • センサーライト
  • トイレのウォシュレット

この5つが紹介されています。毎日使うことが前提なので、テレビのリモコンか、寝室照明のリモコンがおすすめです。ウォシュレット付きのトレイなら、そのリモコンに入れても良いでしょう。

一方、エアコンは通年で利用しないことが多く、見守りにはやや不向き。1つも候補がない場合は、階段や廊下にセンサーライトを設置するのも方法です。1,000円ほどで購入できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,344 (2024/07/18 20:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
やすす

ゲーム好きならWiiリモコン、パソコン利用者ならワイヤレスのキーボードやマウスでも見守りできます。

みまもり電池の使い方

  1. 家族みまもりサービスに申し込む
  2. 電池が届いたらリモコンに入れる
  3. 専用アプリをインストールする
  4. 初期設定したら見守りスタート

みまもり電池は、テレビのリモコンなどに、単3電池の代わりにセットするだけ。全ての電池ではなく、1本だけ交換すればOKです。専用アプリはiOSとAndroid、どちらにも対応しています。

みまもり電池は「みまもられる人」「みまもる人」どちらにもスマホアプリが必要です。親がガラケーを使っており、実家にスマホやタブレットがない場合、みまもり電池による見守りはできません。

みまもり電池の本体価格

みまもり電池

本体価格「3,278円(税込)」です。

MaBeeeにはみまもり電池の他に、子どものおもちゃ用のトイコントロールモデルと、ソフトバンクさんのみまもりサービス用があります。ケースの色で判断しましょう。

  • みまもり電池 →「黄色」のケース
  • おもちゃ制御 →「青色」のケース
  • ソフトバンク →「赤色」のケース
やすす

みまもり電池はイエローです。間違えないようにご注意ください。

みまもり電池の月額料金

月額料金「1,078円(税込)」です。

みまもり電池は、1契約で最大6名(契約者含む)まで利用可能です。また、1契約で最大6本までのみまもり電池を登録でき、複数の家電で見守ることもできます。

2022年10月現在、Amazonに数量限定のスタートパックがあり、3ヶ月無料で使えます。本体価格に3ヶ月分の利用料が含まれており、お試ししたい人におすすめです。

\ 電池を替える!家族がつながる! /

みまもり電池の良いところ

みまもり電池の良いところをまとめると…

  • リモコンで見守りできる
  • 普段通り生活するだけで良い
  • 生活状況がわかるので安心する
  • トーク機能で会話が盛り上がる
  • 一定のプライバシーを守れる

特に多かったのは、家にある家電で見守りできる、手軽さと導入しやすさに関するコメントでした。みまもり電池は、テレビや寝室照明のリモコンに入れている人が多いです。

親は普段通り生活するだけで良く、負担や違和感がないのはもちろん、一定のプライバシーを守れるのもGood。離れて暮らしていても生活状況がわかるので安心です。

コミュニケーションの機会が増える

利用者

日時でどれくらい使用したかもグラフでわかるので、こんなにテレビ見てるんだと改めて思いました(笑 テレビ見過ぎじゃない?という会話から親の最近はまっているTV番組の話で盛り上がりました。

みまもり電池アプリには、トーク機能が用意されており、LINEのようなメッセージのやり取りができます。家電の使用状況がちょっとした会話のネタとなり、コミュニケーションの機会が増えれば、親子の安心感もアップするでしょう。

さり気なく体調を気遣える

利用者

最初テレビリモコンで使ってましたが、この前帰省した時に、照明のリモコンにしてみました。これが正解で、寝るのが遅いとか、夜中に起きてるのがわかるので、ちょっと心配なことに気づけて安心です。

寝室照明にみまもり電池をセットすれば、就寝時間や睡眠時間がわかるため、さり気なく体調を気遣うことができます。日頃からの会話を通じて体調を把握しておけば、緊急時にも動きやすいでしょう。

\ 親子をつなぐ新しい電池! /

みまもり電池の残念なところ

みまもり電池の残念なところをまとめると…

  • 毎月1,000円ほど、料金が高い
  • 単3電池の機器にしか使えない
  • 親がスマホを操作できないとダメ
  • 通信が不安定すぎる、安定しない

やや辛口のコメントもありました。

みまもり電池は「制約が多い」ところがデメリットです。利用者や環境を選ぶため、購入前にしっかり確認しておきましょう。

やすす

3つの制約を見ていきます。

制約①:単3電池の直列接続のみ

みまもり電池は、単3電池の機器にしか使えません。また、直列接続のみで並列接続で使用できない制約もあります。

制約②:親がスマホを操作できる

みまもり電池は、みまもる人だけでなく、みまもられる人にもスマホが必要です。また、Bluetoothでデータ取得するため、一定の操作ができないと接続切れに対処できないことがあります。

制約③:スマホが10m以内にある

みまもり電池は、Bluetoothでデータを取得するため、おおよそ10m以内でしか通信できません。スマホが近くにあることが前提となります。

Bluetoothは電波干渉が起こりやすいため、通信を安定させるには、電子レンジ、ワイヤレススピーカー、Wi-Fi(2.4GHz帯)などとの同時使用を避けるか、10m以上離して使用する必要があります。

結論:見守りに親スマホは微妙

みまもり電池のみまもりサービス
出典:みまもり電池

みまもり電池は、親の見守りのために、親のスマホが必要なところに違和感があります。電池が直接クラウドにデータ送信すれば、親のスマホを経由する必要がないからです。

個人の見解ですが、MaBeeeはもともとおもちゃ制御で作られた商品で、それを二次的にみまもりサービスに利用したため、親スマホありきの仕様になっているのだと思います。

やすす

自分の親にはスマホ操作が厳しく、みまもり電池の導入は難しいと感じました。

電球交換だけで見守りできる

親がスマホを利用していない、スマホ操作があやしい、そんな人にはIoT電球のハローライトをおすすめします。みまもり電池より本体価格は高いものの、月額料金は165円と安く、親スマホも不要です。

みまもり電池の口コミ・評判

利用者

センサーライト、照明リモコン、テレビリモコンの3つで離れた親を見守ってくれています。3つを組み合わせることで、1日の生活リズムがなんとなくわかります。

利用者

祖父は気難しい人ですが、このサービスであれば利用してもいいということでしたので購入しました。新しい機械が必要なわけではないので、祖父は普段通り違和感なく日々の生活が送れているようです。

利用者

大袈裟な機械じゃなく、普段使うリモコンで見守れるのが良いです。以前は、メールの返信がないと大丈夫なのか心配になって電話することもありましたが、これがあればそういった心配もすることなく済みそうです。

利用者

乾電池に入れるという発想がいいです。家にある機器をそのままみまもりに利用できます。センサーライトに入れましたが、深夜に起きてるかどうかがわかりました。

みまもり電池の口コミや評判をみると、リモコンで見守れる、電池交換だけで良い、手軽さや導入しやすさが好評であることがわかります。

また、みまもられる側の違和感がなく、普段通り生活するだけで良いところも、支持されている理由の一つでしょう。

\ 電池交換のみで始められる! /

みまもり電池の取扱店まとめ

みまもり電池の取扱店はこちら。

  • 公式オンラインストア
  • Amazon ノバルス
  • Yahoo!ショッピング MaBeeeShop
  • JVCケンウッド公式 楽天市場店
  • JVCケンウッドストア

本体価格は「3,278円(税込)」です。転売ショップにご注意ください

みまもり電池が定価購入できるのは、開発元のノバルスさんが運営する公式通販か、電機メーカーのケンウッドさんが運営するオンラインストアのどちらかです。

Amazonにはスタートパックがあります。

スクロールできます
項目本体のみ本体+12ヶ月スタートパック
税込価格3,278円13,200円3,278円
割引額0円3,014円3,234円
内容みまもり電池本体みまもり電池本体
専用アプリ12ヶ月
みまもり電池本体
専用アプリ3ヶ月

みまもり電池を購入するなら「Amazonのスタートパック」がおすすめです。本体購入に3ヶ月分の無料お試しがついてきます。ただ、数量限定なので気になる人はお早めに。


以上、

みまもり電池のあれこれでした。

ポイントをおさらいすると…

  • いつもの家電で見守りができる
  • 親は普段通りに生活すれば良い
  • アプリで状況を確認できて安心
  • 親がスマホじゃないと使えない
  • 通信が不安定になることがある

みまもり電池はテレビや寝室証明など、いつもの家電で見守れるのが魅力です。親も普段通りに生活すれば良く、違和感なく導入できます。

ただ、親がスマホユーザーでないと使えなかったり、Bluetoothの電波干渉で通信が不安定になったり、利用者や環境を選ぶのでご注意ください。

やすす

とりあえず使ってみたい!という人は、お試しで3ヶ月無料で使える、Amazonのスタートパックを利用しましょう。

\ 電池を替える!家族がつながる! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次