新卒から積立投資してたらFIREするのか?【リーマン最強説】

新NISAで投資ブームが到来してます。

自身は旧NISAから積立投資を始め、新NISAもゴリゴリ運用していますが、いつも思うのは「もっと早くから始めていれば良かった」ということ。お金の知識のインプットは、1秒でも早い方がいいと実感しています。

本記事では自身ができなかった「新卒からの積立投資」をテーマに掲げ、新卒1年目からコツコツ積立投資をしたら、どのくらいでFIREが見えてくるのかを考察してみます。

やすす

会社員と積立投資の相性は良いです。毎月定額のお給料が入るので、そこから天引きすればOK。名著「バビロン大富豪の教え」では、収入の1割を推奨しています。

著:ジョージ・S・クレイソン, 著:坂野旭, その他:大橋弘祐
¥1,604 (2024/07/15 23:17時点 | Amazon調べ)

自身のケースで恐縮ですが、大企業サラリーマンで考えております。20代前半300万、20代後半500万、30代前半700万、30代後半900万、40代1200万で計算。ワタクシは10年で退職しちゃったけど、やっぱり待遇は良かったですね。

目次

新卒から積立投資したら20代でFIREできる?

前提条件はこちら。

  • 22〜25歳:平均年収300万
  • 26〜29歳:平均年収500万
  • 積立投資額:年収の1割
  • 運用利回り:4%

これで考えると、20代前半の手取りは月20万ほどで投資月額は2万円、20代後半の手取りは35万ほどで投資月額は3.5万円になります。

新卒からバビロンの教えに従い、コツコツ積立投資をしていくと、30歳ではいくら貯まっているのでしょうか。

ずばり、約330万円です。

  • 25歳時点 → 約80万円
  • 30歳時点 → 約330万円
やすす

う〜ん、思ったより少なかった…。会社員が20代でFIREするには、相当な節約が必要だということがわかりますね。

バビロンの教えの2倍で考える

例えば、20代前半で月4万円、20代後半で月7万円の積立投資で考えると、その金額は2倍まで増えます。

  • 25歳時点 → 約150万円
  • 30歳時点 → 約650万円

結論としては、会社員が20代でFIREするのは極めて難しいと言えます。それこそ、お金を使わない仙人生活をしたり、副業を頑張って副収入を得たりが必須です。

新卒から積立投資したら30代でFIREできる?

ここからが本番でしょう。
(積立投資は福利パワーが凄い)

前提条件はこんな感じ。

  • 30〜34歳:平均年収700万
  • 35〜39歳:平均年収900万
  • 積立投資額:年収の1割
  • 運用利回り:4%

ケース①:20代の積立額「330万円」

35歳時点で約700万円、40歳時点で約1300万円

ケース②:20代の積立額「650万円」

35歳時点で約1100万円、40歳時点で約1750万円

やすす

着実に増えてますが、FIREは見えてきません。やっぱり給与の1割では厳しく、2割以上の投資が必要な印象です。

仮に20代、30代を収入の2割投資で過ごすと、約2400万円貯まります。が、残念ながら会社員が30代でFIREするのも相当難しいと言えるでしょう。

新卒から積立投資したら40代でFIREできる?

はい、現実はそんなに甘くなったですね。

  • 40〜49歳:平均年収1200万
  • 積立投資額:年収の2割
  • 運用利回り:4%

新卒から40代までずっと収入の2割投資を続けて、ようやくFIREが見えてくるという結論に至ります。

40代で月14万の積立投資を行うと…

45歳時点で約3850万円、50歳時点で約5600万円

やすす

いや〜、厳しいですね。会社員が給与所得だけでFIREするには、早くても50代になります。新卒から実に30年以上も会社員を続けてやっと…


以上、

新卒から積立投資してたらFIREするのかでした。

おさらいすると…

  • 新卒から収入の2割投資でもFIREは50代
  • 期間を縮めるには節約と副収入が必要

(。 ・ω・))フムフム

ワタクシのような凡人がFIREするのは非現実的である、そんな結論に至りました。

また、今回の考察で積立投資を始めるのは早ければ早い方が良いものの、そこまで切り詰める必要はないかなと感じました。

人生が有限であることを考えれば、50代でのFIREを目指すより、50代までの人生をどうやったら楽しめるかの方が遥かに重要です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次