『なぜ僕らは働くのか』は教科書で良いと思える一冊でした!

新しい仕事を控えて、手に取った一冊です。

改めて思うのは、この「なぜ働くのか」をよく考えずに生きてきちゃったなぁということ。体感的に働く理由をきちんと理解し、意識できるようになったのは30代後半から。

う〜ん、情けない。(o;ω;o)ウゥ

ふりかえると…

  • 小・中・高校時代 → 大人がやること
  • 大学・社会人時代 → お金をもらう手段
  • フリーランス時代 → 意識が変わり始める

こんな認識でした。

自身の場合は、会社から給料をもらうのではなく、自分の力で稼ぐという環境に身を置き、そこでようやく考え始めたと言えます。

不自由のない生活が思考を止める

ありがたいことに、子供の頃から社会人となり、会社員として働き続けた中で、お金や生活に困ったことはほぼありません。今思えば、この不自由のない生活が思考を止めていたのかも…

そして、昔の自分がそうだったように、この「なぜ働くのか」を考えないまま働くと、仕事がやらされ仕事に感じやすく、仕方なしに働き続けている、そんな状態に陥りやすいです。

やすす

この状態を早く抜け出せるかは、本書のような一冊にどれだけ早く出会えるかが重要だと感じます。

目次

子どものときに知りたかったこと

本書のように子どものときに知りたかったなぁ、もっと早く知っていればなぁと、大人になってから思うことってありますよね。

その中でも個人的に一番強く感じるのは…

「読書の大切さ」

圧倒的にコレ。

読書感想文があったじゃん!とツッコミを受けそうですが、、、「生き方」や「お金のこと」など、学校では教えてくれないことについて、もっと本で学んでおけば良かったなぁと感じます。

というのも「なぜ働くのか」に限らず、読書の習慣があれば、遅かれ早かれその問いに辿り着くのと、答えのない様々な問いについて、自分の頭で考える思考力が身につくと思うからです。

やすす

読書の授業があっても良いくらいですよね〜、今はあるのかな。アウトプットの機会もあれば尚良し。

例えば、こんな一冊。

勉強をがんばる理由を思考できる本

著:喜多川泰
¥1,109 (2024/05/14 01:57時点 | Amazon調べ)

喜多川泰さんの本は、学生時代に読みたかったものばかり。自身は子どものまま大人になっちゃったようなタイプでして、大人になってから読んでも刺さりまくりです。


以上、

大人になってから「なぜ働くのか」を考え始め、「読書の大切さ」にも気づいた人の話でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次