【手順あり】アフィリエイトリンクの貼り方【WordPressビギナー卒業】

当サイトでは「アフィリエイト広告」を利用しております。ご理解の上、ご活用いただければ幸いです。

アフィリエイトリンクを貼りたい人

WordPressでブログをつくったので、アフィリエイトリンクを貼ってみたい。ASPと提携してリンクを貼ってみたけど、イメージしてたのと違うな。アフィリエイトリンクの貼り方を知りたい。

そんな人向けの情報となります。

WordPressでブログをつくり、ASPと提携してアフィリエイトリンクを貼ってみたものの、綺麗に貼れなかったり、イメージと違ったり、最初はなかなか上手くいかないですよね。

自分もそうでした。

(o;ω;o)ウゥ

最初からできる人はいないので大丈夫です。自分なんてIT業界に10年もいたのに、全くできませんでした。ただ、一度できるようになれば、次からもできます。

また、ブログを収益化していく上で、避けて通れない道です。この機会にWordPressビギナーを卒業し、もう初心者とは呼ばせない、そこまでレベルアップしちゃいましょう。

やすす

Webサイトやブログの記事数が増えて、PVが伸びてきたら、アフィリエイトでの収益化を考えるタイミングです。最初は雲を掴むような話だったものが、現実になってきます。

あと一歩です! d(*´▽`*)b

目次

アフィリエイトリンクの種類!【2つだけ】

アフィリエイトリンクの種類です。

  • バナー / 画像バナー
  • テキスト / テキストリンク

この2つしかありません。

普段からいろいろな広告をみていると、凄まじい種類のアフィリエイトリンクがあるかと思いきや、2種類しかなかったりします。

バナー / 画像バナー

1つはバナーです。

画像バナーや画像リンクとも呼ばれる、画像付きのアフィリエイトリンクになります。商品やサービスのイメージを伝えることができるのがメリットです。

ただ、サイズによっては邪魔になったり、誤クリックを誘発する恐れがあります。くれぐれも乱用しないように注意しましょう。

上のリンクが邪魔じゃん!
という声が聞こえてきそうです…

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

Google Adsenseとの違い

アフィリエイトに挑戦する人は、Google Adsenseから始めるケースが多いです。ただ、アドセンスのクリック報酬型と、ASP案件の成果報酬型は、全く違います。誤クリックで成果が発生することはほぼなく、逆に信頼を失うので、気を付けましょう。

テキスト / テキストリンク

» Yasusu blogへようこそ。Twitterフォローはポチッとな!

もう1つはテキストです。

こちらは文章のみのリンクとなります。インパクトは少ないものの、画像バナーよりクリック率が高いです。自分も最初はド派手なバナーのがクリックされるでしょ、と考えてましたが正反対になります。

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

大切なのは広告っぽくないこと

現在はインターネットの普及が進み、読者の目は肥えています。そのため、明らかに広告だとわかると、途端にうさんくさく見えてしまい、クリックされないのです。大切なのは広告っぽくないこと。

ここまでの内容をまとめると…

アフィリエイトリンクの種類は2つ。

  • バナー → 画像付きのリンク
  • テキスト → 文章のみのリンク

バナーよりテキストの方がクリック率は高いです。ただ、バナーがダメというわけではありません。一番大切なのは、読者の立場で「ここにリンクがあったら便利」というところに設置することです。

アフィリエイトリンクの注意点【怖くない】

アフィリエイトリンクの注意点です。

3つだけ押さえましょう。

  • バナーに人物やキャラを使わない
  • テキストは青色でわかりやすく
  • リンク先が正しいことを確認

(。 ・ω・))フムフム

バナーに人物やキャラを使わない

画像バナーは、事前に用意されているものを除き、人物やキャラクターの画像を使わないようにしましょう。著作権問題に繋がる恐れがあります。

ただ、怖がらなくても大丈夫です。使わなければ良いだけなので単純明快。また、いきなり訴えられるとか、逮捕されるとか、そんなことはほぼ起こりません。

問い合わせフォームを設置

万が一、問題があった場合、ASPや本人から連絡がきます。そのため、問い合わせフォームを設置しましょう。Googleフォームなら、サクッと5分でつくれます。自分のフォームも同じです。

テキストは青色でわかりやすく

テキストリンクは、青色にしましょう。インターネットの世界で、一般常識に近いレベルとなっているのが、リンクは青色であることです。

リンクであることが伝わらないと、クリックされないのはもちろん、誤ってクリックしてしまうことがあるため、青色にすることをおすすめします。

青色のカラーコード

青色もいろいろあるので、迷う人がいるかもしれません。参考までにGoogleのリンクは「#1A0DAB」、Yahooのリンクは「#0E1BBB」、当ブログでは「#337ab7」を使用しております。

リンクに下線を付ける

テキストリンクに下線を付けて、わかりやすくするのもあり。「span style=”text-decoration: underline”」のタグを使うと、アンダーラインを引くことができます。

リンク先が正しいことを確認

リンク先が正しいことを確認します。アフィリエイトリンクを設置しても、リンク先が正しくないと成果になりません。慣れるまでは大変ですが、1つずつ全てのリンクを確認しましょう。

ここまでの内容をおさらいすると…

アフィリエイトリンクの注意点は3つ。

  • バナーに人物やキャラを使わない
  • テキストは青色でわかりやすく
  • リンク先が正しいことを確認

脱初心者が近づいてきてます。

(。+・`ω・´)キリッ

アフィリエイトリンクの貼り方【手順あり】

アフィリエイトリンクの貼り方です。

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、A8.netなど、ASP毎にアフィリエイトリンクがあるものの、貼り方はすべて同じ。1つマスターすれば、全てに応用できます。

  1. バナーやテキストを探す
  2. リンクコードをコピーする
  3. ブログに貼り付ける
  4. 表示とリンクを確認する

ここではafbさんのリンクで解説。

① バナーやテキストを探す

アフィリエイトリンクを探します。愛用しているASPで見つければOKです。まだ、ASPを決めていない人は、A8.netがおすすめ。エーハチくんがかわいいです。

② リンクコードをコピーする

どの画像バナーを貼るか、どのテキストリンクを利用するかを決めたら、リンクコードをコピーします。

③ ブログに貼り付ける

WordPressのブログに、リンクコードを貼り付けます。この時、ビジュアルモードではなく、テキストモードで貼り付ける必要があるので、ご注意ください。

④ 表示とリンクを確認する

afbロゴ

WordPressのプレビューで、きちんと表示されるか、リンク先が正しいかを確認します。どちらもOKであれば完了です。

別タブで表示したい

自身のブログを表示したまま、別タブでリンク先を表示させる場合、aタグに「target=”_blank”」と「rel=”noopener”」を入れます。最初はおまじないだと考えましょう。

リンクの位置を中央にしたい

リンクの位置を中央にしたい場合は、画像バナーなら「style=”display: block; margin: auto;”」、テキストリンクなら「p style=”text-align: center”」を使います。

HTMLに直書きするな!CSSで指定しろ!と、プロの方々に叱られそうですが、個人ブログなら、そこまで気にしなくても大丈夫です。

ヾ(@^▽^@)ノ

アフィリエイトリンクのまとめ【脱初心者】

最後にまとめです。

  • レベル1:リンクの種類がわかる
  • レベル2:リンクの注意点がわかる
  • レベル3:リンクの貼り方がわかる
  • レベル4:オリジナルリンクを作れる

レベル3までOKなら脱初心者です。

レベル4は中上級者向けなので、今はわからなくても大丈夫。自分がそうだったように、最初はちんぷんかんぷんだった、HTMLやCSSのコードも、WordPressを使っているうちに理解できるようになります。

良きアフィリエイトライフを♪

d(*´▽`*)b


以上、

アフィリエイトリンクの貼り方でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次