[ウイイレアプリ]アジア大会や国体で起用!eスポーツの代名詞に?

[ウイイレアプリ]アジア大会や国体で起用!eスポーツの代名詞に?

全世界で1億ダウンロードを
突破したウイニングイレブンの
勢いはとどまる所を知りません。

先日アジア競技大会での
タイトル採用決定記念で
10,000GPが届きました。

さらにテレビでは国体での
eスポーツタイトルとして採用、
全国大会が行われるとかなんとか。

・アジア競技大会
・国民体育大会

もはやウイイレはeスポーツの
代名詞になりつつあるのかな。

大会の概要を調べつつ、
ウイイレとeスポーツの
今をチェックしてみます。

(。+・`ω・´)キリッ



目次

目次

Winning Eleven 2018
〜eスポーツ大会について〜

1. アジア競技大会
2. 国民体育大会
3. PES LEAGUE
4. まとめ

1. アジア競技大会

はい、話が大きすぎて
ピンとこなかったのですが。

アジア競技大会とは、
アジアオリンピック評議会が
主催するアジア大会のことです。

なんと4年に一度開催される
アジア版のオリンピックに、
ウイイレがeスポーツで登場。

凄すぎる、、、

完全にスポーツ扱い。
ついにゲーマー時代の到来、
もうキ○ヲタとは呼ばせない。笑

さて大会スケジュールと
日本代表決定への道のりを
チェックしてみましょう。

○大会スケジュール
・開催期間:2018年8月18日〜9月2日
・開催都市:ジャカルタ(インドネシア)

デモンストレーション競技として
初めてeスポーツが採用されます。

本採用でないことに気づいた。

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

デモ!凄いことです!

今後eスポーツがスポーツ社会の
発展に寄与するという前提なので、
これからどんどん広がっていくはず。

Step1-1. オンライン大会
・開催期間:2018年5月19日〜5月20日

Step1-2. オフライン大会
・開催期間:2018年5月26日

両大会での上位4名ずつ、
計8名が次のステップへ。

Step2. 日本代表選考会
・開催期間:2018年5月26日〜5月27日

勝ち抜いてきた8名と
プロ12名での争いです。

プロはジャパン・eスポーツ・
プロライセンス保有選手のこと、
ウイイレで有名なのは次の方々。

・SOFIA さん
・Mayageka さん
・Karaage さん

ここで2名まで絞られます。
日本代表枠は狭き門ですね。

Step3. 東アジア地域予選
・開催期間:2018年6月中旬

ここで東アジア地域の国々と
争い2カ国まで絞られます。
本大会への切符少なすぎ。

東アジア地域はこのあたり。
日本、中国、韓国、北朝鮮、香港、
マカオ、モンゴル、台湾、グアムなど。

日本代表へのワンチャンと
思いましたが既に締め切り。

(o;ω;o)ウゥ

ってスーパースターにすら
勝てない時点で門前払い。笑

▲ TOPへ戻る



2. 国民体育大会

国民体育大会こと国体は、
みなさん御存知、日本で1年に
一度開催されるスポーツの祭典。

2019年に茨城県で開催予定の
「いきいき茨城ゆめ国体(大会)」

ここで初めて都道府県対抗の
eスポーツ大会が開催されます。

タイトルはウイイレが決定。
それ以外も検討中のようです。

本大会へ向けてプレ大会など、
スケジュールはこんな流れ。

2018年9月頃
プレ大会(茨城県内)

2019年2月〜7月
都道府県大会

2019年秋
決勝ステージ

国体:2019年9月28日〜10月8日
大会:2019年10月12日〜10月14日

ここに合わせて開催される模様。

個人的にはeスポーツ観戦の
楽しみが増えて嬉しいです♪

ゲームも上手い人のプレイは
見てて楽しい。ヾ(@°▽°@)ノ

いきいき茨城ゆめ国体(第74回国民体育大会)・いきいき茨城ゆめ大会(第19回全国障害者スポーツ大会)

▲ TOPへ戻る

3. PES LEAGUE

「PES LEAGUE 2018」という
ウイイレを運営するKONAMIさんの
公式eスポーツ大会も開催されてます。

全世界で1億人のプレイヤー、
その頂点を決めるという大会
なのでその規模も凄いことに。

2018年1月にアジアラウンド、
3月に南北アメリカラウンド、
5月にヨーロッパラウンド。

そして夏に決勝が開催されます。

決勝大会は参加するだけで、
USD10,000で、優勝すると
もろもろでUSD60,000以上。

PES LEAGUE 2018

これだけでビックリしてましたが、
世界では賞金1億円超えもチラホラ。

最近ではフォートナイトで
総額1億ドルなんてものが登場。

アメリカ、中国、ドイツで
高額賞金の大会が多いようです。
日本はまだまだ遅れてますね、、

▲ TOPへ戻る



4. まとめ

最後にポイントをまとめ。

・2018年アジア大会にウイイレが登場
・2019年国体にウイイレが登場

個人的な印象は。

・日本ではeスポーツ≒ウイイレ
・世界ではeスポーツ≠ウイイレ

現在の状況は。

・日本では賞金総額1,000万円クラス
・世界では賞金総額1億円クラス
・世界最高は総額1億ドル(2018年5月時)

近未来の予想は。

・eスポーツが公式競技になる
・職業プロゲーマーの時代が到来する

オリンピック競技として
熱き戦いが見られる日も
近いかもしれません。

▲ TOPへ戻る