スタバのタンブラー注文で大失態?注意点はココ!

スタバのタンブラー注文で大失態?注意点はココ!

最近、スターバックスの
タンブラーを貰ったので、
早速使ってみることに。

ただ注文するだけなのに、
初めてなのでなんかドキドキ。
う〜ん、良い刺激。ヾ(@°▽°@)ノ

いざ!スタバ!
タンブラーマスターへ!

Step1.
スマートに注文する。

Step2.
メリットを理解する。

Step3.
大失態をやらかす。←イマココ

ちょっと慣れてきたと思ったら
壮絶にやらかしました、、、

この失敗は避けられるなら
絶対避けるべきだと思うので、
経験談からタンブラー注文の
注意点をまとめてみます。



Step1. スマートに注文する

初めて感が出ないように
少し予習していったところ、
スマートに注文できました。

ぶっちゃけ予習も何もなく、
タンブラー片手にレジに行けば、
可愛い!優しい!店員さんが
空気を読んで対応してくれます。

惚れそう。ヾ(°∇°*) オイオイ

1つだけポイントを挙げるなら
タンブラーの蓋を開けておくこと。

これで店員さんの手間も省け、
よりスマートに注文できます。

Step2. メリットを理解する

あまり深く考えないまま、
タンブラーを使い始めたのですが、
どんなメリットがあるのでしょう。

・20円割引してくれる
・量が増えることがある
・会話のネタになることがある
・お持ち帰りしやすい

一番わかりやすいのが割引。

タンブラーを使うと20円安くなり、
ショートのコーヒーで1杯280円。

税金(8%)を加味すると、
302円から280円で22円引き。

次にマグカップや紙カップに
比べると量が多いことがあります。

ショートサイズ(240ml)なのに、
トールサイズ(350ml)くらいは、
結構な確率で入ってます。

また、ご当地タンブラーや
期間限定タンブラーを使ってると
店員さんから話しかけてくれることが。

可愛い店員さんとの会話は
メッチャ癒されます。

最後にお持ち帰りしやすい
というメリットもあります。

もちろん店○さんではなく、
コーヒーの持ち帰りです。

マグカップで持ち帰りは不可ですし、
紙カップよりタンブラーの方が
強度面で優れています。

Step3. 大失態をやらかす

タンブラーでの注文にも
ちょっと慣れてきたかなと
思った矢先、、、

壮絶にやらかしました。

いつものように注文して
タンブラーを置いてから
パソコンを準備してると。

バタンッ!

タンブラー倒したっ!

テーブルがコーヒーまみれっ!

やってしまったっー!

晴天の早朝、爽やかなひと時は、
一瞬にして崩れ去りました。

紙ナプキンで拭いてみたものの
無理そうだったので、店員さんに
布巾を借りようと相談してみたところ。

すぐ飛んできて拭いてくれました。
しかも、洋服には付いてないかを
心配してくれたり、気遣ってくれて。

惚れそう。

お、お、おっと、、、
この時は男性の店員さんだった。
危ない、危ない。ヾ(°∇°*) オイオイ

タンブラーは、倒しやすく、倒れやすい。
さらに蓋が閉じてあっても溢れるので
十分な注意が必要だと身をもって体験。

タンブラーは意外と高さがあって、
横幅が細い作りなので、ちょっと
触れただけですぐ倒れます。

皆さんもお気を付けください。