【ウイイレアプリ2019】新スカウト登場?スキルとスタイルが追加!

【ウイイレアプリ2019】新スカウト登場?スキルとスタイルが追加!

ウイイレアプリ2019で新しいスカウトが登場しました。

こちらの3種類が追加されています。

  • スキル
  • プレースタイル
  • COMプレースタイル

2018ではPS4版に搭載されており、アプリ版だけないという状況でしたが、2019ではPS4仕様に合わせてきました。この他にもボディコントロール(能力値)やLiveUpdate、注目選手なども搭載されています。

今回は新スカウトをチェックしてみました。

スキル

便利度:★★★★☆

全スキルのスカウトが用意されています。

全部で39種類。括弧内の数字は選手数です。

  • シザーズ(359)
  • エラシコ(217)
  • ルーレット(321)
  • シャペウ(111)
  • 軸裏ターン(641)
  • 軸足当て(200)
  • ヘッダー(871)
  • コントロールカーブ(462)
  • 無回転シュート(206)
  • アクロバティックシュート(431)
  • ヒールトリック(234)
  • ワンタッチシュート(639)
  • ワンタッチパス(609)
  • バックスピンロブ(520)
  • ピンポイントクロス(423)
  • アウトスピンキック(392)
  • ラボーナ(83)
  • 低弾道ロブ(249)
  • 低弾道パントキック(200)
  • ロングスロー(332)
  • GKロングスロー(183)
  • マリーシア(825)
  • マンマーク(565)
  • チェイシング(257)
  • アクロバティッククリア(229)
  • キャプテンシー(587)
  • スーパーサブ(207)
  • 闘争心(1161)
  • ノールックパス(71)
  • PKキッカー(243)
  • PKストッパー(88)
  • コントロールループ(98)
  • 足裏コントロール(347)
  • ドロップシュート(329)
  • ライジングシュート(311)
  • 高弾道パントキック(131)
  • インターセプト(616)
  • ダブルタッチ(275)
  • エッジターン(89)

GK関連スキルを除いて、所持選手が少ないのはラボーナ、ノールックパス、コントロールループ、エッジターンで100名以下です。

クラブに1人だけというケースは十分あるでしょう。

また、個人的に考えるコツはずばり意外性です。

例えば守備的な選手がシュートスキルを持っているようなケース。ポジションや役割を超えるスキルがあれば、大きな特徴で確定が狙いやすいです。



プレースタイル

便利度:★★★☆☆

プレースタイルも追加されます。

全22種類。括弧内の数字は選手数です。

  • 設定なし(6524)
  • ラインブレイカー(413)
  • デコイラン(108)
  • ボックスストライカー(219)
  • ポストプレイヤー(237)
  • チャンスメイカー(245)
  • ウイングストライカー(664)
  • ナンバー10(203)
  • 2列目からの飛び出し(429)
  • ボックストゥボックス(521)
  • ハードプレス(303)
  • アンカー(353)
  • ビルドアップ(217)
  • 攻撃的サイドバック(874)
  • 守備的サイドバック(172)
  • オーバーラップ(94)
  • 攻撃的GK(229)
  • 守備的GK(228)
  • インサイドレシーバー(118)
  • クロサー(52)
  • プレーメイカー(136)
  • インナーラップサイドバック(30)

一番少ないのはインナーラップサイドバックの30名。ブラックボールだとマルセロ選手がおり、所属クラブとプレースタイルで確定できます。

他にもデコイラン、オーバーラップ、プレーメイカーあたりは数も少なく、確定スカウトに役立ちそうです。クロサーは有能選手が少ないので、あまりおすすめしません。

COMプレースタイル

便利度:★☆☆☆☆

COMプレースタイルも登場です。

全6種類となります。

  • フェイントスター(668)
  • クイックスター(1120)
  • ダーティングドリブラー(1045)
  • インサイドカッター(924)
  • アーリークロサー(701)
  • ミドルシューター(1373)

COMの方はどれも人数が多いです。

絞りきれない可能性が高く、出番は少ないでしょう。


以上、

ウイイレアプリ2019の新スカウトについてでした。

スキルやプレースタイルは確定に便利です。特に人数の少ないものであれば、所属クラブに1人だけというケースもあります。

GP消費を抑えつつ、健全なクラブ運営していきましょう。

ヾ(@°▽°@)ノ