【ウイイレアプリ】サンデル・ベルガのスカウト!総合値77→89?

【ウイイレアプリ】サンデル・ベルガのスカウト!総合値77→89?

ウイイレアプリ2019の「サンデル・ベルガ」選手のスカウトと能力値をまとめていきます。

ベルギーリーグのKRCヘンクに所属し、若干20歳にしてノルウェー代表でプレイする若手です。2018の総合値は76のシルバーボール、そこから1アップで77になったものの、2019でも銀玉に留まっています。

ただ、最高レベルが71と非常に高く、総合値が12も上がるという凄まじい可能性を秘めた逸材です。

DMFポジションで第3位に急浮上します。

  • 総合値:77 → 89(12アップ)
  • DMFポジションで第3位

基本情報

サンデル・ベルガ

身長   :193
年齢   :20
利き足  :右足
国籍   :ノルウェー
在籍クラブ:KRCヘンク

長身の中盤選手です。

ポジション

ポジション 2018 2019
CMF ○(71) ○(74)
DMF ☆(76) ☆(77)

☆:メイン、○:適正、△:準適正

ポジションは変わりません。



能力値(MAX)

2019の最高レベルは71です。

75:オフェンスセンス
84:ボールコントロール
79:ドリブル
87:グラウンダーパス
82:フライパス

67:決定力
69:プレースキック

76:カーブ
80:ヘディング
80:ディフェンスセンス
77:ボール奪取

85:キック力
83:スピード
84:瞬発力

91:ボディバランス
75:ジャンプ
89:スタミナ
2:逆足頻度
3:逆足精度
6:コンディション安定度

1:ケガ耐性

全体的に高く、弱点がありません。

特に高いのがボディバランスとスタミナで90前後あり、強靭なフィジカルと豊富な運動量が最大の特徴となっています。

どちらかというと攻撃寄りのボランチでボルコンやパス能力が高いです。スピードと瞬発力も高く、ボール奪取後の展開もスームスに行えます。

唯一気になるのは守備力が控えめなところ。最高レベル71でDMFポジションの総合値が89まで上がるものの、能力的にはCMF向きです。

DMFポジション第1位のピャニッチ選手(ユヴェントス)と近く、守備はそこそこに攻撃でより輝く選手でしょう。

スキル

スキルが4個から8個になります。

1つ入れ替えがあり新スキルは5個です。

  • ヘッダー
  • コントロールカーブ
  • バックスピンロブ
  • マンマーク
  • 足裏コントロール
  • ライジングシュート
  • ワンタッチパス
  • ノールックパス
  • インターセプト

ほとんど使うことのなかったコントロールカーブがなくなります。ポジション的にも全く問題ありません。

スキルもかなり攻撃的です。ボルコン精度の上がる足裏コントロール、攻撃の組み立てに便利なワンタッチパス、さらにはミドルレンジからゴールが狙えるライジングシュートが追加されます。

守備的MFに重要なインターセプトも追加され、低めの守備力をカバーできます。マンマークもあり、スキルはほぼ完璧です。



プレースタイル

プレースタイルが少し変わります。

  • PS:アンカー
  • COM-PS:クイックスター
  • COM-PS:ミドルシューター

能力やスキルにマッチした変更です。

COM戦でもミドルシュートに期待できます。

スカウト

[2019/1/19追記]
2019でスキルとプレースタイルが追加。
これにより2枚スカウトが増えています。

  • スキル1:KRCヘンク + 足裏コントロール
  • スキル2:KRCヘンク + ノールックパス
  • スキル3:KRCヘンク + マンマーク
  • PS1:KRCヘンク + アンカー

2019ではKRCヘンクが搭載されるため、2枚スカウトが複数パターン登場します。

  • 2019パターン①:KRCヘンク +【ノルウェー / 攻撃タイプ[カウンター] / 守備タイプ[リトリート] / ビルドアップ[ロングパス]】

所属クラブに国籍またはチームコンセプトで確定です。

交渉力3で戦術系が使えるので非常に簡単。

2018では国籍パターンのみ。

  • 2018パターン①:ノルウェー + DMF +【グラウンダーパス / 24歳以下】
  • 2018パターン②:ノルウェー + グラウンダーパス + 右足
  • 2018パターン③:未所属 + ノルウェー + グラウンダーパス

2018でも獲得は容易です。

2018ならノルウェー、2019ならKRCヘンクをオークションで落札すれば、その他は試合後報酬で揃えられるでしょう。


以上、

ウイイレアプリ2019のサンデル・ベルガ選手についてでした。

2018に続き2019でもシルバーボールながら、最高レベルでは総合値89まで上がり、DMFポジションで3番手に浮上します。

個別能力はDMFよりCMF向きであり、攻撃面の良さが目立ちます。ただ、守備力も一定以上あり、193cmの長身と屈強さを持ち、2大守備スキル(マンマークとインターセプト)も持っているため、ボランチとしても十分機能します。