【ウイイレアプリ2019】ロニー・ロペスのスカウト!総合値78→89?

【ウイイレアプリ2019】ロニー・ロペスのスカウト!総合値78→89?

ウイイレアプリ2019の「ロニー・ロペス」選手のスカウトと能力値をまとめていきます。

モナコに所属する23歳の若手です。2018の総合値78(シルバー)から2019では82(ゴールド)に昇格、さらに最高レベル56では89まで上がり、RMFポジションで第2位になります。

メインポジションがOMF(トップ下)からRMF(ライトサイドハーフ)に変わります。ただ、OMFの適性は高いままでメインのRMFと同等です。

  • 総合値:78(2018)→ 82(2019)→ 89(最高レベル)
  • RMFポジションで第2位

スカウト

まずはスカウトからチェック。

2019でも所属クラブと国籍で確定です。

  • 2019パターン①:モナコ + ポルトガル
  • 2019パターン②:リーグフランス + ポルトガル +【RMF / カーブ】

他にもリーグパターンがあります。

交渉力が3から4に上がるので要注意。

2018では星3スカウトが使えます。

  • 2018パターン①:モナコ + ポルトガル
  • 2018パターン②:モナコ + OMF +【ヨーロッパ / 瞬発力】

2018の方がレアリティの関係で安いでしょう。

ただ、2019の獲得もそこまで難しくありません。



基本情報

ロニー・ロペス

身長   :169
年齢   :23
利き足  :左足
国籍   :ポルトガル
在籍クラブ:モナコ

ポジション

ポジション 2018 2019
ST △(75) △(79)
LWG ○(75) ○(79)
RWG ○(75) ○(79)
OMF ☆(78) ○(82)
LMF ○(79) ○(81)
RMF △(77) ☆(82)
CMF △(75) △(78)

☆:メイン、○:適正、△:準適正

メインがOMFからRMFになります。

OMFもメインと同じ総合値です。

能力値(MAX)

2019の最高レベルは56です。

82:オフェンスセンス
87:ボールコントロール
90:ドリブル
85:グラウンダーパス
87:フライパス

83:決定力
77:プレースキック

89:カーブ
66:ヘディング
49:ディフェンスセンス
53:ボール奪取

80:キック力
91:スピード
91:瞬発力

68:ボディバランス
69:ジャンプ

83:スタミナ
2:逆足頻度

3:逆足精度
6:コンディション安定度

2:ケガ耐性

スピードとテクニックに秀でた10番タイプ。

ボール運びからラストパスまで攻撃の組み立てに貢献しつつ、チャンスがあればシュートでゴールを狙います。

2018から大幅に強化されているのは得点力。Lv30時の能力値でオフェンスセンス+4、決定力+9、キック力+3も上昇しています。

最高レベル56の総合値は89、RMFポジション第2位です。



スキル

スキルが9個から10個になります。

  • シザーズ
  • エラシコ
  • ルーレット
  • 軸足当て
  • コントロールカーブ
  • ピンポイントクロス
  • ラボーナ
  • 低弾道ロブ
  • マリーシア
  • バックスピンロブ

ロングフィードに役立つバックスピンロブが追加されます。低弾道ロブやピンポイントクロス、さらにはラボーナもありロングパスのスペシャリストです。

プレースタイル

プレースタイルが変わります。

  • PS:チャンスメイカーウイングストライカー
  • COM-PS:フェイントスター
  • COM-PS:インサイドカッター
  • COM-PS:アーリークロサー

チャンスメイカー
前線からボールをもらいに来て、攻撃の組み立てに参加します。対応しているポジションはST、RWG、LWGです。

ウイングストライカー
サイドから中のスペースへの飛び出しを積極的に行います。対応しているポジションはRWG、LWGです。

確かに得点力が上がってますが、ウイングストライカーなのかというと違和感を感じます。メインポジションのRMFや適性の高いOMFと合ってないのも気になるところ。

COMプレースタイルのアーリークロサーは高いフライパス能力やロブスキルが活かせるので相性抜群です。


以上、

ウイイレアプリ2019のロニー・ロペス選手についてでした。

2018から総合値4アップで見事金玉に昇格です。さらに最高レベルでは総合値89まで上がり、新ポジションのRMFで第2位。旧ポジションのOMF適性も高いままで、トップ下でもトップクラスの注目選手です。