【ウイイレアプリ2019】ケイタ・バルデのスカウト!LWG→RMFに変更?

【ウイイレアプリ2019】ケイタ・バルデのスカウト!LWG→RMFに変更?

ウイイレアプリ2019の「ケイタ・バルデ」選手のスカウトと能力値をまとめていきます。

モナコからインテルへレンタル移籍中の23歳の若手。2018では総合値83のゴールドボール、2019ではそこから1下がり82となります。

また、メインポジションがLWG(左ウイング)からRMF(右サイドハーフ)に変わり、各ポジションの適性がガラリと変わりました。

最高レベルが56と高く、総合値は89まで上がります。

新ポジションRMFでは第2位の大健闘!

  • 総合値:82 → 89(7アップ)
  • RMFポジションで第2位

スカウト

まずはスカウトをチェックします。

2019では2枚スカウトが登場。

  • 2019パターン①:インテル + セネガル
  • 2019パターン②:リーグイタリア + セネガル +【RMF / ボールコントロール】
  • 2019パターン③:リーグイタリア + アフリカ + RMF

所属クラブと国籍で確定です。

他にもクラブなしのリーグパターンもあります。

2018ではモナコが使えますが、2枚確定はありません。

  • 2018パターン①:モナコ + セネガル +【LWG / ユーティリティプレイヤー / ドリブル / ボールコントロール / スピード / 瞬発力】
  • 2018パターン②:モナコ + アフリカ +【LWG / ボールコントロール / 瞬発力】
  • 2018パターン③:モナコ + LWG +【ボールコントロール / 右足】
  • 2018パターン④:セネガル + LWG +【ボールコントロール / プレッシング[アグレッシブ]】

パターンが多く、獲得しやすいでしょう。

個人的におすすめなのは、2019パターン①です。

2019ではセネガルのエース「サディオ・マネ」選手と守りの中心である「カリドゥ・クリバリ」選手がブラックボールに昇格します。

そうです!!

星4のセネガルが暴落します!!

ヾ(°∇°*) オチツケ

あくまで予想です。笑

注目度が下がるのは間違いないので、オークション相場も下がると思います。セネガルスカウトは2019になってから獲得するのが良いでしょう。



基本情報

ケイタ・バルデ

身長   :181
年齢   :23
利き足  :右足
国籍   :セネガル
在籍クラブ:インテル

ポジション

ポジション 2018 2019
CF △(80) ○(81)
ST ○(83) ○(83)
LWG ☆(83) ○(81)
RWG ○(80) ○(81)
OMF △(80) △(81)
LMF △(80) △(81)
RMF △(80) ☆(82)

☆:メイン、○:適正、△:準適正

メインがLWGからRMFになります。

CFが適正となりユーティリティ性が向上。

LWG適正が2ダウン、RWGは1アップです。

能力値(MAX)

2019の最高レベルは56です。

84:オフェンスセンス
91:ボールコントロール
92:ドリブル

81:グラウンダーパス
79:フライパス
84:決定力

67:プレースキック
74:カーブ
67:ヘディング
55:ディフェンスセンス
54:ボール奪取

82:キック力
97:スピード
96:瞬発力

79:ボディバランス
70:ジャンプ
79:スタミナ
3:逆足頻度
4:逆足精度
5:コンディション安定度
2:ケガ耐性

スピードと瞬発力が95以上、ボルコンとドリブルが90以上の超速ドリブラーです。しかも2018に続きスパサブ持ちで後半出場で覚醒します。

パスや決定力も80以上あり、逆足精度が高く左右両足が使えて、さらにあらゆる攻撃的ポジションをこなせる。

ミスタースーパーサブ!

スタミナも控えめなので理にかなっています。

最高レベル56で総合値が89まで上がり、アーセナルのムヒタリャン選手とマルセイユのトーヴァン選手に次いで2番手です。



スキル

スキルが7個から5個になります。

  • シザーズ
  • シェペウ
  • 軸裏ターン
  • コントロールカーブ
  • ワンタッチシュート
  • マリーシア
  • スーパーサブ

残念ながらシュートが弱化します。

特にワンタッチはクロスに合わせた時のシュート精度が上がり、ペナルティエリア内の決定力アップに繋がるので残念です。

コントロールカーブもなくなり、ウイングからサイドハーフへのポジション変更に合ってると言えば合ってます。

プレースタイル

プレースタイルが少し変わります。

  • PS:ウイングストライカー
  • COM-PS:フェイントスター
  • COM-PS:クイックスター
  • COM-PS:ダーティングドリブラー
  • COM-PS:インサイドカッター

ウイングストライカー
サイドから中のスペースへの飛び出しを積極的に行います。対応しているポジションはRWG、LWGです。

はい、出ました!!

プレースタイルがウイングのままのパターン。

2019ではこのパターンが非常に多いです。

同じくインテルのペリシッチ選手や中国リーグに移籍したカラスコ選手も、サイドハーフにポジション変更しながらウイングストライカーのままとなっています。

ここでいつも思うのはウイングの適性を下げないで欲しかったということ。メインポジションの変更は良いのですが、なぜLWG適性が83から81に下がってしまうのかがわかりません。

(o;ω;o)ウゥ


以上、

ウイイレアプリ2019のケイタ・バルデ選手についてでした。

2018から総合値は1ダウンも個別能力の影響は極小です。どちらかというとポジション変更による影響が大きいかも。

スーパーサブが残ったのは良かったのですが、シュートスキルの消滅やプレースタイルのミスマッチなど、スッキリしないところもあります。