【ウイイレアプリ】ボヌッチの能力DOWN!ドリブルからパスへ?

【ウイイレアプリ】ボヌッチの能力DOWN!ドリブルからパスへ?

ウイイレアプリ2019で能力ダウン!

ユヴェントスに復帰したボヌッチ選手が弱化され、総合値88のCBポジションNo.1から退きます。一部能力がガクンと落ちるものの、持ち味の守備力やパス精度の高さは残っています。

2019のアップデート内容をまとめます。

能力値

総合値が88から86に下がります。

上昇能力は5項目、総計+7。
下降能力は10項目、総計-42。

  • 総合値が2下降
  • ボールコントロールが3下降
  • ドリブルが9下降
  • グラウンダーパスが2下降
  • フライパスが1下降
  • 決定力が2下降
  • プレースキックが4下降
  • カーブが3下降
  • ディフェンスセンスが4下降
  • キック力が10下降
  • ジャンプが4下降
能力 2018(Lv30) 2019(Lv30) 差分
総合値 86 86 -2
オフェンスセンス 67 68 +1
ボールコントロール 78 75 -3
ドリブル 77 68 -9
グラウンダーパス 81 79 -2
フライパス 86 85 -1
決定力 71 69 -2
プレースキック 70 66 -4
カーブ 68 65 -3
ヘディング 85 86 +1
ディフェンスセンス 93 89 -4
ボール奪取 90 90 ±0
キック力 85 75 -10
スピード 74 74 ±0
瞬発力 67 70 +3
ボディバランス 83 84 +1
ジャンプ 88 84 -4
スタミナ 80 81 +1
逆足頻度 2 2 ±0
逆足精度 2 2 ±0
コンディション安定度 6 6 ±0
ケガ耐性 3 3 ±0

総合値2ダウンの影響で個別能力も全体的に下がります。

特に下げ幅が大きいのはドリブルとキック力です。自らドリブルでボール運び、時にはミドルシュートでゴールを狙うというスタンスは終了。高いパス能力を活かしたロングフィードやビルドアップが最適解になりそうです。

瞬発力が上がり、スルーパスやこぼれ球への対応力がアップしています。ディフェンスセンスは下がるものの、ヘディングやフィジカルもわずかに上昇するため、守備力は2018と変わらないでしょう。



スキル

スキルは9個で変わりません。

  • ヘッダー
  • 無回転シュート
  • ヒールトリック
  • バックスピンロブ
  • 低弾道ロブ
  • マリーシア
  • マンマーク
  • キャプテンシー
  • 闘争心

プレースタイル

プレースタイルが少し変わります。

  • PS:ビルドアップ
  • COM-PS:ロングパサー
  • COM-PS:ミドルシューター

2019ではCOMプレースタイルのロングパサーがありません。

得意のロングフィードが活かせなくなるので、少々物足りない感はあります。ただ、COM戦の勝敗にこだわるならこの変更はプラス、ショートパスで確実に繋ぐサッカーの方が勝率が高いです。

スカウト

[2019/1/22追記]
2019でスキルとプレースタイルが追加。
これにより所属クラブなしスカウトが登場。

パターンが多いので一部抜粋。

地域パターン。

  • ヨーロッパ + ヒールトリック + ディフェンスセンス

国籍パターン。
ポジションCBなし。

  • イタリア + ヘッダー + フライパス
  • イタリア + 無回転シュート +【ディフェンスセンス / ボール奪取】
  • イタリア + ヒールトリック +【ディフェンスセンス / ボール奪取 / ヘディング / 185cm以上】
  • イタリア + マンマーク + フライパス
  • イタリア + ビルドアップ +【フライパス / 30歳以上】

能力パターン。
ポジションCBなし。

  • ディフェンスセンス + ヒールトリック +【185cm以上 / 守備タイプ[フォアチェック] / ビルドアップ[ショートパス]】
  • ボール奪取 + ヒールトリック +【185cm以上 / 攻撃エリア[サイド] / ポジショニング[フォーメーション重視] / 追い込みエリア[サイド] / プレッシング[アグレッシブ]】

2019では所属クラブがミランからユヴェントスに変わり、GP消費は2倍以上になると思われます。

  • 2018パターン①:ミラン + フライパス + [CB or 185cm以上]
  • 2019パターン①:PMブラックホワイト + フライパス + 攻撃エリア[中央]

PMブラックホワイトはブラックボールの宝庫で、さらにスーパースターロナウド選手の移籍が反映されるため、オークション相場が跳ね上がると予想されます。

一方、2018のミランには黒玉がボヌッチ選手1人しかいません。落札価格はPMブラックホワイトの半額か、それよりも安くなるはずです。


以上、

ウイイレアプリ2019のボヌッチ選手についてでした。

ドリブルやキック力の大幅なダウンにより、ボール運びや得点力は下がります。ただ、CBポジションとしてのディフェンス力、ビルドアップのパス精度は高いままです。

特にウイイレではCBの得点シーンはほぼセットプレイのみ。ドリブルやオーバーラップでシュートするケースは稀なので、能力変更の影響は少ないでしょう。