【ウイイレアプリ】テア・シュテーゲンの能力UP!守備範囲が拡大?

【ウイイレアプリ】テア・シュテーゲンの能力UP!守備範囲が拡大?

ウイイレアプリ2019で能力アップ!

バルセロナの守護神「テア・シュテーゲン」選手が強化されます。2018ではディフレクティング(守備範囲)が低く、他の黒玉GKに見劣りする感じだったのですが。

2019ではこのディフレクティングが爆伸びし、守備範囲がものすご〜く拡大します。これにより一気に上位GKとなり、デヘア、ノイアーに次いで3番手、オブラクに並びました。

2018と2019を比較しながらチェックします。

能力値

総合値が85から88に上がります。

個別能力は上昇のみで下降はありません。

  • 総合値が3上昇
  • オフェンスセンスが2上昇
  • ボールコントロールが8上昇
  • グラウンダーパスが16上昇
  • フライパスが11上昇
  • 決定力が3上昇
  • キック力が1上昇
  • GKセンス力が4上昇
  • コラプシングが1上昇
  • ディフレクティングが4上昇
  • スタミナが3上昇
  • コンディション安定度が1上昇
能力 2018(Lv30) 2019(Lv30) 差分
総合値 85 88 +3
オフェンスセンス 41 43 +2
ボールコントロール 60 68 +8
ドリブル 57 57 ±0
グラウンダーパス 60 76 +16
フライパス 68 77 +11
決定力 43 46 +3
プレースキック 60 60 ±0
カーブ 58 58 ±0
ヘディング 60 60 ±0
ディフェンスセンス 57 57 ±0
ボール奪取 53 53 ±0
キック力 76 77 +1
スピード 65 65 ±0
瞬発力 63 63 ±0
ボディバランス 79 79 ±0
ジャンプ 84 84 ±0
GKセンス 91 95 +4
キャッチング 92 92 ±0
クリアリング 94 94 ±0
コラプシング 96 97 +1
ディフレクティング 88 95 +7
スタミナ 65 68 +3
逆足頻度 2 2 ±0
逆足精度 3 3 ±0
コンディション安定度 6 7 +1
ケガ耐性 3 3 ±0

GK関連能力で唯一80台だったディフレクティングが95まで一気に上がります。GKセンスとコラプシングも合わせて上昇し、GKとしての完成度が高まっています。

ボルコンとパス能力も急上昇、バックパスを安全に捌いたり、攻守の切り替えやカウンター時に精度の高いパスを送ることができます。

コンディション安定度も6から7となり、控えなしでも安心して任せられるでしょう。



スキル

スキルは1個から2個になります。

  • 低弾道パントキック
  • 高弾道パントキック

高弾道が追加。低弾道があるので十分です。

プレースタイル

プレースタイルは変わりません。

  • PS:攻撃的GK
  • COM-PS:なし

攻撃的GKのプレースタイルでは、上位にデヘアとノイアーがいます。両選手がいる場合、出場の機会が少ないかもしれません。ただ、ライブアップデートの導入されるため、調子の良し悪しで切り替えるのはありです。

スカウト

[2019/1/19追記]
2019でスキルのスカウトが追加。
これによりパターンが増えています。

イチオシはこちら。
バルセロナとドイツなし。

  • リーグスペイン + 追い込みエリア[サイド] + 低弾道パントキック

超高額スカウトを避けた奇跡のパターン。

下部組織に所属するイグナシオ・ペーニャ選手(19歳)が搭載されたため、クリアリングの確定が不可となっています。そのため、2枚確定よりも上記の3枚確定が最安となるはずです。

  • バルセロナ + ドイツ
  • バルセロナ + クリアリング

クラブと国籍のみだったところ、クラブと能力値でも確定できるようになります。ドイツはブラックボール選手が多く、オークション相場が非常に高いです。

クリアリングを使った方がGP消費を抑えられるでしょう。


以上、

ウイイレアプリ2019のテア・シュテーゲン選手についてでした。

ディフレクティングの上昇で一気にトップGKの仲間入り。