【ウイイレアプリ2019】ベイルの能力DOWN!スピードスターの世代交代?

【ウイイレアプリ2019】ベイルの能力DOWN!スピードスターの世代交代?

ウイイレアプリ2019で能力ダウン!

レアル・マドリードのベイル選手が弱化されます。怪我に苦しむ期間が長く、本来の実力を発揮し切れていない状況が続きましたが、少しずつ復調の兆しを見せていました。

が、ウイイレでは能力下降が反映されます。ベイル選手の魅力の一つであるスピードがダウン、スピードスターの世代交代が起きるのか。

詳しいアップデート内容をまとめます。

能力値

総合値が90から88に下がります。

下がる能力値がズラリ、結構な影響ありです。

  • 総合値が2下降
  • グラウンダーパスが2下降
  • フライパスが7下降
  • プレースキックが4下降
  • カーブが4下降
  • ヘディングが5下降
  • カーブが4下降
  • ディフェンスセンスが2下降
  • ボール奪取が1下降
  • スピードが4下降
  • 瞬発力が4下降
  • ジャンプが2下降
  • スタミナが3下降
能力 2018(Lv30) 2019(Lv30) 差分
総合値 90 88 -2
オフェンスセンス 83 86 +3
ボールコントロール 86 86 ±0
ドリブル 87 87 ±0
グラウンダーパス 84 82 -2
フライパス 85 78 -7
決定力 85 85 ±0
プレースキック 83 79 -4
カーブ 84 80 -4
ヘディング 84 79 -5
ディフェンスセンス 56 54 -2
ボール奪取 57 56 -1
キック力 90 92 +2
スピード 95 91 -4
瞬発力 93 89 -4
ボディバランス 80 82 +2
ジャンプ 83 81 -2
スタミナ 78 75 -3
逆足頻度 1 1 ±0
逆足精度 2 2 ±0
コンディション安定度 6 6 ±0
ケガ耐性 1 1 ±0

最初に注目すべきは、スピードと瞬発力が共に-4でダウンしているところ。90前後はあるものの、RWGポジションにはサラー、ムバッペ、スターリングなど上をいく選手が複数います。

パス系能力のダウンでクロス精度の減少、ヘディングやジャンプのダウンで高さの勝負強さも下がり、さらには控えめだったスタミナまでダウンしています。

唯一救いなのは、足元での得点力がアップしている点です。決定力、ボルコン、ドリブルは変わらず、オフェンスセンス、キック力が強化、フィジカルも強くなり一人で決める力に磨きがかかっています。

それでも2018と比べると大幅な下降と感じてしまいます。



スキル

スキルは9から10個になります。

  • ルーレット
  • 軸裏ターン
  • 無回転シュート
  • アクロバティックシュート
  • バックスピンロブ
  • ピンポイントクロス
  • アウトスピンキック
  • ロングスロー
  • マリーシア
  • ドロップシュート
  • ライジングシュート

マリーシアが無くなり、ドロップシュートとライジングシュートが追加。能力値ダウンの流れは引き継がず、スキルは強化です。

マリーシアは恩恵が少なく無くなっても影響なし。ドロップとライジングの追加でミドルシュートの精度が上がります。足元の得点力アップと合わさり、ミドルシューターとしての完成度が高まっています。

プレースタイル

プレースタイルは変わりません。

  • PS:ウイングストライカー
  • COM-PS:ダーティングドリブラー
  • COM-PS:インサイドカッター
  • COM-PS:ミドルシューター

スカウト

2019でもスカウトは変わりません。

  • パターン①:リーグスペイン + ウェールズ
  • パターン②:MDホワイト + ウェールズ

この2枚スカウトが鉄板です。

国籍にリーグかクラブで確定となります。ロナウドの移籍でMDホワイトのオークション相場が下がると予想されるため、2019まで待っても良いでしょう。


以上、

ウイイレアプリ2019のベイル選手についてでした。

スピードスターからミドルシューターへ。

STやOMFの運用も面白そうです。