【ウイイレアプリ】カバーニの能力UP!決定力が90超え?

【ウイイレアプリ】カバーニの能力UP!決定力が90超え?

ウイイレアプリ2019で能力アップ!

エディンソン・カバーニ選手が強化されます。PSGではネイマール、ムバッペと3トップ、ウルグアイ代表ではスアレスと2トップを組み、ゴールを量産するストライカーです。

一瞬の隙を見逃さず確実にゴールに沈める仕事人。2018から高かったオフェンスセンスはそのまま、2019では決定力がぐ〜んと上がり危険度がさらに増します。

2019の能力値をチェック。

能力値

総合値が87から89に上がります。

上昇する能力値が6項目もある一方、下降する能力値も7項目と多く、総合値アップの裏には個別能力の大きな変動があります。

  • 総合値が2上昇
  • ボールコントロールが11上昇
  • ドリブルが1上昇
  • グラウンダーパスが10上昇
  • 決定力が6上昇
  • スピードが1上昇
  • ボディバランスが3上昇
能力 2018(Lv30) 2019(Lv30) 差分
総合値 87 89 +2
オフェンスセンス 95 95 ±0
ボールコントロール 68 79 +11
ドリブル 70 71 +1
グラウンダーパス 68 78 +10
フライパス 83 76 -7
決定力 85 91 +6
プレースキック 82 82 ±0
カーブ 88 87 -1
ヘディング 92 90 -2
ディフェンスセンス 73 56 -17
ボール奪取 69 55 -14
キック力 88 88 ±0
スピード 82 83 +1
瞬発力 86 81 -5
ボディバランス 79 82 +3
ジャンプ 88 87 -1
スタミナ 93 93 ±0
逆足頻度 3 3 ±0
逆足精度 3 3 ±0
コンディション安定度 7 7 ±0
ケガ耐性 3 3 ±0

ボルコン、決定力、ボディバランスが強化され、得点力が飛躍的に上昇しています。また、今まで低すぎたグランダーパスも78まで上がり、ポストプレイの精度も高くなるでしょう。

その反面、瞬発力がマイナス5と減少し、やや動き出しが鈍く感じるかもしれません。そして一番気になるのは、スタミナを活かしたチェイシング、ディフェンス能力がガクンと下がっているところです。

攻撃力アップでペナルティエリア内での脅威が増すものの、守備力ダウンでビルドアップ時の怖さは減少しています。



スキル

スキルは9個から10個になります。

  • ヘッダー
  • コントロールカーブ
  • アクロバティックシュート
  • ワンタッチシュート
  • ワンタッチパス
  • マリーシア
  • チェイシング
  • アクロバティッククリア
  • 闘争心
  • ドロップシュート
  • PKキッカー

チェイシングが無くなり、ドロップシュートとPKキッカーが追加されています。能力値と同様、スキルも攻撃力UP、守備力DOWNの構図になっています。

これは好みが分かれそうです。

個人的には高いスタミナとチェイシングのセットが好きだったので、ちょっぴり残念な気持ちです。操作性も変わることから新しい運用方法を考える楽しみはあるでしょう。

プレースタイル

プレースタイルが少し変わります。

  • PS:ラインブレイカー
  • COM-PS:ミドルシューター

COMプレースタイルにミドルシューターが追加されます。

これは良いです。スキルにドロップシュートが追加されるため、ペナルティエリア内はもちろん、エリア外からでもゴールを狙え、COM戦の勝利を掴み取るキーマンになります。

スカウト

[2019/1/23追記]
2019でスキルのスカウトが追加。
これによりパターンが増えました。

イチオシはこちらです!
最安間違いなしのおすすめ!

  • 決定力 + アクロバティッククリア

2019で2枚スカウトが増えます。

  • 2018パターン①:PSG + ウルグアイ
  • 2018パターン②:PSG + ヘディング
  • 2019パターン①:PSG + 決定力
  • 2018パターン②:PSG + ビルドアップ[ロングパス]

ヘディングパターンが無くなるものの、決定力と戦術系のビルドアップ[ロングパス]が追加となります。そのため、2019の方がGP消費は抑えらえるでしょう。

ただ、所属クラブのPSGが高いため、微々たる差になると思います。


以上、

ウイイレアプリ2019のカバーニ選手についてでした。

新生カバーニ選手をお試しあれ。