MediaPad M3のおすすめモデルは?スペック比較で用途を考える!

MediaPad M3のおすすめモデルは?スペック比較で用途を考える!

Huaweiのタブレット「MediaPad M3」には、複数のモデルがあります。次々に新モデルが登場し、1年間で4つの機種が発売されています。

[2016年12月]
・MediaPad M3
 -スタンダードモデル
 -プレミアムモデル

[2017年6月]
・MediaPad M3 Lite 10

[2017年8月]
・MediaPad M3 Lite

[2017年12月]
・MediaPad M3 Lite 10 wp

それぞれどのような違いがあるのか、スペックを比較しつつ、その用途についても考えてみました。

MediaPad M3(スタンダードモデル)

-スペック-

項目 内容
接続種別 LTE / Wi-Fi
カラー シルバー
ディスプレイ 8.4 inch 2560 x 1600 IPS
OS Android 6.0
CPU Kirin 950 2.3GHz+1.8GHz
コア数 オクタコア
メモリ 4GB
容量 32GB
microSD 256GB

-特徴-
高画質、高音質、高スペック

-用途-
インターネット:◎
写真・音楽  :◎
映画・動画  :◎
電子書籍   :◎
ゲーム    :☆
持ち運び   :○

初期モデルで既に非の打ち所がありません。

ハイスペックを活かし、音楽や映画、ゲームで使う機会が多い人におすすめです。全機種の中で最高スペックで、高負荷のゲームにも耐えられます。

MediaPad M3(プレミアムモデル)

-スペック-

項目 内容
接続種別 LTE
カラー ゴールド
ディスプレイ 8.4 inch 2560 x 1600 IPS
OS Android 6.0
CPU Kirin 950 2.3GHz+1.8GHz
コア数 オクタコア
メモリ 4GB
容量 64GB
microSD 256GB

-特徴-
高画質、高音質、高スペック

-用途-
インターネット:◎
写真・音楽  :◎
映画・動画  :☆
電子書籍   :◎
ゲーム    :☆
持ち運び   :○

スタンダードモデルとの違いは3つ。

  • LTEモデルのみ
  • ゴールドカラー
  • 容量が2倍の64GB

ストレージ容量が64GBあるため、microSDを使わずとも大容量のデータを保存できます。

LTEモデルのみで、Wi-Fiモデルは用意されていません。一般的にLTEモデルの方が価格が高く、SIMスロットが必要ない場合は要検討です。

ゴールドカラーは、シルバーとは違った高級感があり、色で決めるのも一つの方法だと思います。

MediaPad M3 Lite

-スペック-

項目 内容
接続種別 LTE / Wi-Fi
カラー グレー
ディスプレイ 8.0 inch 1920 x 1200 IPS
OS Android 7.0
CPU Qualcomm MSM8940 1.4GHz+1.1GHz
コア数 オクタコア
メモリ 3GB
容量 32GB
microSD 128GB

-特徴-
高画質、高音質、軽量

-用途-
インターネット:◎
写真・音楽  :◎
映画・動画  :○
電子書籍   :◎
ゲーム    :○
持ち運び   :☆

Lite版の変更点は7つ。

  • グレーカラー
  • ディスプレイが縮小
  • CPUパワーが少しダウン
  • メモリパワーが少しダウン
  • microSD容量が半分
  • 価格が安い

Lite版は、スペックを抑え、価格も抑えたモデルとなっています。

それでもオクタコアにメモリ3GBで、普段使いには十分すぎる性能です。余程負荷の高いゲームをやらない限り、ストレスを感じることはないでしょう。

また、画面サイズが一回り小さく、より携帯性が向上しました。持ち歩く機会が多い人には嬉しいポイントです。

MediaPad M3 Lite 10

-スペック-

項目 内容
接続種別 LTE / Wi-Fi
カラー グレー
ディスプレイ 10.1 inch 1920 x 1200 IPS
OS Android 7.0
CPU Qualcomm MSM8940 1.4GHz+1.1GHz
コア数 オクタコア
メモリ 3GB
容量 32GB
microSD 128GB

-特徴-
高画質、高音質、大画面

-用途-
インターネット:☆
写真・音楽  :☆
映画・動画  :○
電子書籍   :☆
ゲーム    :○
持ち運び   :△

Lite版からの変更点は1つ。

  • ディスプレイが拡大

Lite版のディスプレイ拡大モデルです。

サイズが8.0inchから10.1inchになり、重量が約120g増えたため、持ち運びには不向きになりました。ただ、家メインで使う人には、大画面で使いやすさが向上しています。

画面サイズ以外は全て同じです。

MediaPad M3 Lite 10 wp

-スペック-

項目 内容
接続種別 LTE / Wi-Fi
カラー シルバー
ディスプレイ 10.1 inch 1920 x 1200 IPS
OS Android 7.0
CPU Kirin659 2.36GHz+1.7GHz
コア数 オクタコア
メモリ 3GB
容量 32GB
microSD 256GB

-特徴-
高画質、高音質、大画面、防水

-用途-
インターネット:☆
写真・動画  :☆
音楽・映画  :◎
電子書籍   :☆
ゲーム    :◎
持ち運び   :△

Lite10版からの変更点は3つ。

  • CPUパワーがアップ
  • microSDの容量が増大
  • 耐水、防塵機能の追加

目玉は、wp機能(water protection)ですが、さり気なくスペックも向上しており、Lite10版の完全上位互換となってます。

お風呂でちょこっとゲームしたり、動画を見たりするのに便利かもしれません。


以上、

「MediaPad M3」の各モデルのスペック比較と用途考察でした。自分に合うものを見つけ、快適なタブレットライフをお過ごしくださいませ。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。