【リユニバース】レアリティと技構成のねじれ!コンプが狙いなの?

【リユニバース】レアリティと技構成のねじれ!コンプが狙いなの?

七英雄ガチャ第3弾がきました。

今回は「ダンターグ」です。

第0弾 → スービエ
第1弾 → ノエル
第2弾 → ロックブーケ

スービエの襲来イベントはサービス開始時からあり、その頃はまだ七英雄のSSスタイルを登場させ、ガチャを組むという発想がなかったか、もしくは間に合わなかったのだと思われます。

その後、1回目のノエルで味をしめたのか、ロックブーケからダンターグと休むことなく、継続して襲来イベント(特設ガチャ)を行なっています。

残りはクジンシー、ボクオーン、ワグナスです。

3月 → クジンシー
4月 → ボクオーン
5月 → ワグナス

こんな感じでしょうか。

っといきなり脱線しまくりました。

本題はレアリティと技構成の関係性についてです。

3ヶ月近くプレイして思うのは、高レアリティほど技構成の完成度が低く、低レアリティほど技構成が完成度が高いということ。

たぶん勘違いではないでしょう。

運営の狙いは全レアリティを揃えさせる(コンプリート)で、その確かな目的が隠せないほど明らかになってきています。

ほぼコンプガチャです。



ダンターグ

2/14実装のダンターグです。

SSスタイル Sスタイル
技1 キック コークスクリュー
技2 練気掌 かわづ掛け
技3 ぶちかまし ふみつけ
  • SS → 単体高火力:×、全体:◯、デバフ:×
  • S → 単体高火力:◯、全体:×、デバフ:◯ (スタン)

特にやらしいのはSSスタイルに全体攻撃2種類あるところです。練気掌またはぶちかましのどちらかで十分なのに、無駄に2つ持たせて技構成の完成度を低くしています。

そのため、SSスタイルは技を1つ継承しただけでは、単体高火力とデバフの穴を埋めることはできません。一方のSスタイルは全体攻撃を継承することで隙のない構成になります。

ロックブーケ

ロックブーケも一緒です。

SSスタイル Sスタイル
技1 生命の水 召雷
技2 エナジーストーム ゴーストライト
技3 大召雷 ダークスフィア
  • SS → 単体高火力:×、全体:◯、デバフ:◯(麻痺)
  • S → 単体高火力:◯、全体:×、デバフ:◯ (麻痺、魅了)

ダンターグと同じく、SSスタイルに全体攻撃2種という設定です。一見、デバフもあり隙のない構成に見えますが、全体攻撃に麻痺小が付いてるだけ。

ロックブーケでさらにねじれているのは、水と陰の2属性が混ざっていること。構成的にはSSが水、Sが陰という扱いになるものの、1つは死にスキルができてしまいます。

そのため、SSスタイルに単体高火力のダークスフィア(陰)を継承させても威力は期待できません。そして、その直後に実装されたのが、バレンタイン限定SSスタイルです。

この限定スタイルは陰術メインの使い手であるにも関わらず、天雷(水、威力B、コスト9)というノーマルSSが最も欲しい技を持っています。

これも全レアリティを揃えさせる(コンプリート)ため、全てはガチャを回させるために、敢えて術構成をねじれたものにしていると考えて良いでしょう。

ノエル

もちろんノエルも一緒です。

SSスタイル Sスタイル
技1 切り返し みね打ち
技2 無無剣 逆風の太刀
技3 月影 ベアクラッシュ
  • SS → 単体高火力:×、全体:◯、デバフ:×
  • S → 単体高火力:◯、全体:×、デバフ:◯ (麻痺、素早さ)

全く同じねじれ方をしてます。



自由度がない

ロマサガ ≒ 自由

自分はこんなイメージを持っています。

もちろんストーリーのフリーシナリオもあります。ただ、それだけではなく、キャラ、武器、技・術、陣形などあらゆる面で自分だけのオリジナル構成が組めることが大きな魅力です。

一方でリユニバースは制限が多すぎます。

  • キャラ → SS・S・Aのレアリティ制
  • 武器  → 1キャラ1つ固定
  • 技・術 → 1キャラ3つ固定
  • 陣形  → 3wave制により素早さ重視
  • 育成  → 能力上限あり、週制限あり

キャラに関しては、レアリティ制の影響でほぼ最高レアリティのSSを使うことになります。SやAは耐性面が低く、アビリティも弱いため、最終的にSSを使わざるを得ません。

武器は自由に選べず固定の1つを使うだけ。技や術も一緒で決められた3つを使うだけ。継承で自由枠が1つあるものの、それも他スタイルやレアリティが所持する3つから選ぶのみ

陣形もラピッドストリームが多いでしょう。3wave制により先制攻撃の重要性が高すぎて、素早さバフがあるか、素早さデバフがない陣形しか候補になりにくいです。

ガチャありきの仕様

蓋を開けてみればただのガチャゲー。

ロマサガ3の300年後、、、

ロマサガファンはこのキーワードを聞いただけでワクワクしたのではないでしょうか。どんなストーリーや冒険が待っているのか、サービス開始が待ち遠しかったはず。

ただ、中身はロマサガに似た何かでした。

キャラ!バトル!音楽!

この3要素がロマサガであるだけで最初は良かったんです。凄い盛り上がったし、楽しかった。でもいつまでもこれを続けていてもロマサガファンは納得しないでしょう。

ストーリーはあってないようなもの。

イベントは周回するだけ。

限定ガチャで露骨な課金煽り。

・・・

やっぱり基本無料のスマホゲーに相応の完成度を求める方が難しいのかなぁ。期待が高かっただけに残念で仕方ありません。

(o;ω;o)ウゥ


以上、

リユニバースのレアリティと技構成のねじれでした。

全然まとまらずにつらつらと愚痴るだけになっちゃいました。個人的な予想になりますが、今後も大きな方針転換はないでしょう。

そのため、キャラとバトルと音楽がロマサガ、あとはガチャゲーという仕組みで続いていくと思います。

ロマサガ3(リメイク)が出たら卒業です!(仮)