FP3級は過去問が鍵?基礎知識ゼロから1週間合格まで!

FP3級は過去問が鍵?基礎知識ゼロから1週間合格まで!

先日「FP3級」の合格証書が届きました。
試験結果は、学科試験が47/60(78%)、
実技試験が47/50(94%)でした。

合格ラインは60%なので大分余裕を持って
合格できたことになります。ヾ(@°▽°@)ノ

ファイナンシャル・プランニングの基礎知識が
ゼロだった自分が1週間で合格まで辿り着けました。
その道のりについて、ポイントをまとめてみます。



目次

ファイナンシャル・プランニング3級
〜基礎知識ゼロから1週間合格まで〜

1. 参考書と問題集
2. 勉強方法とコツ
3. 試験内容とポイント

1. 参考書と問題集

まずは参考書選びです。
ここが合格に大きく影響すると
言っても過言ではありません。

基礎知識がゼロである自分は、
全体像が掴みやすい参考書を選びました。

FP3級の参考書で人気ランキング上位から
わかりやすそうだったのでこちらに決定。

どっかの営業じゃないですが、
すごい良かったです。ヾ(°∇°*) オイオイ

読みやすいことはもちろんのこと、
全体象から細かいところへと流れに沿って
進めてくれるので、基礎知識ゼロの自分でも
十分に理解することができました。

自分は同じシリーズの問題集も購入。

よく公式テキストとか公式問題集とかで、
単なる文章の羅列でわかりにくいのがありますが、
この2冊は「ザ・参考書&問題集」と言えます。

今回はこの2冊にかなり助けれました。
TACさん、すごいです。ヾ(@°▽°@)ノ

▲ TOPへ戻る

2. 勉強方法とコツ

参考書と問題集が決まってしまえば、
あとはひたすら勉強するだけ。

自分は1週間の短期決戦で挑みました。
勉強時間はトータルで12時間程だと思います。
時間配分はこんな感じです。

・参考書2周(1周目3時間、2周目2時間)
・問題集2周(1周目3時間、2周目2時間)
・過去問、総合問題(1時間)
・試験直前確認(1時間)

進め方はこの繰り返し。
「参考書→問題集→参考書→問題集→・・・」

参考書の1章を読んで、問題集の1章を解いて、
参考書の2章を読んで、問題集の2章を解いて、
これを1周じっくりやるだけでかなり知識が付きます。
2周終える頃にはおそらく合格レベルに到達してるはず。

最後に過去問、総合問題を解いて
自分の知識レベルを確認してみて、
苦手分野を試験直前に確認すれば完璧。

▲ TOPへ戻る



3. 試験内容とポイント

ファイナンシャル・プランニンング技能検定は
午前の学科試験、午後の実技試験と分かれています。
実技と言ってもペーパーテストなんですが。

個人的な見解になりますが、たぶん学科のが難しい。
なぜなら、実技試験は過去問とほぼ同じだからです。

学科試験は問題数も多く、
出題形式のバリエーションが多岐に渡るため、
細かい知識を持っていないと引っ掛け問題に
ハマったり、間違えやすいです。

一方、実技試験は問題数が少なく、
出題形式が過去問とほぼ同じです。
ただ1問あたりの配点が大きいので
確実に正解できるようにしましょう。

自分は午前も午後も時間が余りましたが、
午後の実技試験は半分以上余りました。笑

自分の考えるFP3級合格のポイントとしては、
午前(学科試験)向けの勉強を重点的に行い、
午後(実技試験)向けの勉強は過去問でOK。

という結論に至りました。御参考までに。

▲ TOPへ戻る


あと電卓を持ってきてる人も多かったですが、
3級なら購入してまで持っていく必要はないです。
自力で計算できますし、上位2桁とかだけで
答えがわかるので暗算でもいけるレベルです。

自分は簿記用にはこちらを購入。
安いのにかなり使いやすいです。

最初は、求職実績用に受験した資格試験でしたが、
個人資産運用の知識は持っていて損はないと感じました。

簡単な求職実績の作り方!賢く失業保険を受給する!

特に、今後は副業が正式に認められたり、
年金がまともに受給できなくなる時代が
やってくると考えると今からお金の知識を
付けておくことが重要だと思います。(。+・`ω・´)キリッ

FP技能検定 | 一般社団法人 金融財政事情研究会