テレアポ対策にはWhoscallがおすすめ!営業電話を撃退!

テレアポ対策にはWhoscallがおすすめ!営業電話を撃退!

テレアポが大大大嫌い!
唐突にツイートしてみました。

相手の都合を一切考えず、
勝手に電話をかけてきて、
勝手に話し続けるアレです。

特に多いのは不動産の営業ですね。
断り続けても話し続けるからすごい、
通話時間のノルマでもあるのだろうか。

さて今回はそんなテレアポ対策に
おすすめな「Whoscall」という
アプリを紹介してみたいと思います。



一番の撃退法は出ないこと

そうです、これに尽きます。
電話に出なければオッケーなんです。

自分も過去いろいろなテレアポに対して、
いろいろな対策を講じてきましたが、
電話に出ないことこそ一番の対策です。

なぜなら電話に出てしまうと
そこでどんな撃退法を試そうと
会話をしている時点で嫌な気分に
なってしまうからです。

そんなんわかってるわ!
テレアポと知ってたら
電話取らんかったし!

って自分でツッコミ入れてみました。
はい、そうです。これができるのが、
「Whoscall」というアプリなんです。

電話番号データベースで一目瞭然

Whoscallはなんと10億件もの
電話番号データを持っているため、
どこから電話がかかってきたか
瞬時にわかってしまいます。

しかも全世界にいるWhoscallユーザー
5,000万人によって常に電話番号情報が
更新し続けられています。

テレアポであることが一目瞭然

ただ電話番号がわかったところで、
それがテレアポかどうかということが
判断できなければ結局のところ
電話に出て確かめるかありません。

しかし!

Whoscallでは5,000万人いるユーザーの
誰かが「テレアポだった」という情報を
登録していると瞬時にテレアポと気付けます。

また、テレアポであった場合、
そのまま受信拒否することも可能で、
自動的に着信拒否になるため、
連続で掛けてきても無視できます。

自分は「Whoscall」を使うようになってから
テレアポに悩まされることはなくなりました。

学生時代に脅迫まがいのテレアポがきて、
怖かったのを覚えています。

逆ギレした挙句、家に行くぞとか
言い出しましたからね、、、

あの時は学生で電話応対の経験も
技術もなかったのでビビってました。

社会人になってからは真摯な対応を心掛け、
「時間があるときにこちからから電話する」
作戦を使ってました。電話番号と担当者名を
聞くと大体向こうから切ります。

こんな嫌な思いをしなくてすむ、
「Whoscall」は超絶良アプリです。

また、テレアポの撃退だけでなく、
オレオレ詐欺などの迷惑電話全般に
効果があります。お悩みの方はお試しあれ!

Whoscall(だれ電)迷惑電話、勧誘電話を自動で着信拒否